人気FLASHアニメが映画に!「菅井君と家族石」作者のFROGMANを直撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月28日 > 人気FLASHアニメが映画に!「菅井君と家族石」作者のFROGMANを直撃
メニュー

人気FLASHアニメが映画に!「菅井君と家族石」作者のFROGMANを直撃

2007年12月28日 12:00

FROGMAN(中央左)と謎の覆面バンド「副島さんとピンカラ殺生s」「菅井君と家族石 THE MOVIE」

FROGMAN(中央左)と謎の覆面バンド「副島さんとピンカラ殺生s」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] チープな画風やナンセンスなギャグが評判のFLASHアニメを多数手がけるクリエイター、FROGMAN。今ではTV番組やCMにも作品が起用される人気ぶりだ。全国のTOHOシネマズで、彼の代表作「秘密結社 鷹の爪」のキャラクターが上映中のマナーを呼びかけるショートムービーを目にした人も多いはず。

そんな彼が04年に発表したFLASHアニメの第1作「菅井君と家族石」が、劇場版「菅井君と家族石 THE MOVIE」として08年2月16日に公開決定。製作も佳境に入った12月中旬、FROGMANを直撃した。

「菅井君と家族石」は、島根県出雲地方に住む、全員無職のソウルファミリーの日常を描いたナンセンスコメディ。タイトルは名ファンクバンド、スライ&ザ・ファミリーストーンのもじりで、一家の顔は皆、見覚えのある黒人ミュージシャンにそっくり。この奇抜な作品が生まれたきっかけは?

「もともと東京で映像の仕事をしていたのですが、島根に移住することになり、ひとりで映像を作らなければならなくなった。その時にFLASHというツールに出会い、手元にあった雑誌を見ながら黒人ミュージシャンの顔を描いて絵の練習をしていたら、彼らが家族のように見えてきたんです」

今回は、劇場版ならではの企画として、島根県出身の謎の覆面ジャズバンド「副島さんとピンカラ殺生s」が楽曲提供。「彼らの音楽にインスピレーションを受け、脚本も書き直しました」とFROGMANが語るところから、劇場版では彼らの音楽が重要な要素になりそうだ。

インタビューに同席した同バンドのリーダー、副島さんは「(自分たちは)ジャズバンドと言われてはいますが、自らジャンル分けをしているつもりはありません」と語る。FROGMANはその言葉を受け、「副島さんと話し合っていく中で出てきたのですが、今回のテーマのひとつは“ボーダーレス”ということ。何かを表現する上で、決まった方法だけにこだわる必要はない。いま置かれた環境で、一番適したもので表現すればいい。そうした中で、生まれてくるものがあると思います」と、独力で映像を作らなければならなかったからこそ生まれた、FLASHアニメの作者らしいコメントを残してくれた。

素材はWEB時代の使い回しで、キャラクターは上半身しか描かれてないという“手抜き”ぶりも健在だが、それが彼独特の“作風”だ。一方で、エッジの効いた笑いとクールな音楽の織りなす、旧作を超えた映画ながらのスケール感にも期待したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi