ピクサー09年公開作は、「ドン・キホーテ」の翻案? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月28日 > ピクサー09年公開作は、「ドン・キホーテ」の翻案?
メニュー

ピクサー09年公開作は、「ドン・キホーテ」の翻案?

2007年12月28日 12:00

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの新作「Up」(09年6月12日全米公開)が、セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」の翻案であるという噂を、 米ピクサー情報サイトUpcoming Pixarが報じた。

「Up」は、来夏全米公開の「WALL・E/ウォーリー」(アンドリュー・スタントン監督)の次に公開されるピクサー作品で、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターが監督を務めている。

ストーリーについては、70代の老人男性が、森林警備隊の若い女性と世界を股にかけて冒険活劇を繰り広げる、という基本設定しか発表されていないが、同サイトは、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスによる古典的小説「ドン・キホーテ」との類似点を指摘。また、ディズニーが過去数10年間にわたり、「ドン・キホーテ」の映画化を画策してきた経緯があることから、ディズニー傘下となったピクサーが「ドン・キホーテ」の映画化を手がけても不思議はない、と推測している。

ちなみに、セルバンテスの「ドン・キホーテ」は、自らを伝説の騎士と思いこんだラ・マンチャ出身の主人公ドン・キホーテが痩せこけた馬ロシナンテに乗って、従者サンチョ・パンサと共に旅に出るという物語である。なお、Upcoming Pixarは、英語版ウィキペディアの投稿記事を元にしているが、同記事はすでに削除されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi