ジェイ・Zがヒップホップ・レーベル、デフ・ジャム社長の座を辞任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月27日 > ジェイ・Zがヒップホップ・レーベル、デフ・ジャム社長の座を辞任
メニュー

ジェイ・Zがヒップホップ・レーベル、デフ・ジャム社長の座を辞任

2007年12月27日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 12月24日、ジェイ・Zがヒップホップ・レーベル、デフ・ジャムの社長の座を今年いっぱいで辞職することが、ユニバーサル・ミュージック・グループより発表された。

ジェイ・Zは、今やヒップホップ界のみならず音楽業界のトップアーティストとして活躍する一方で、05年より同レーベルの社長を務め、リアーナやNe-Yoらと契約し、彼らのヒットに大きく貢献してきた。ユニバーサルの発表によると、ミュージシャンとしてのジェイ・Zとロッカ・フェラ/デフ・ジャムとのレコード契約は継続するという。ジェイ・Zはこの件に関して「新しいチャレンジに臨む時がやって来た。デフ・ジャムの歴史の新たな一幕を築くチャンスにめぐり会えて非常に光栄だった」とコメントを残している。

関係者の情報によると、ジェイ・Zは今後、自らオーナーを務めるスポーツバー/ナイトクラブ“40/40”の事業拡大やファッションブランドの立ち上げなどに力を入れていく見込みとのこと。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi