ピーター・バーグ監督がSF小説の名作「砂の惑星」を再映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月25日 > ピーター・バーグ監督がSF小説の名作「砂の惑星」を再映画化!
メニュー

ピーター・バーグ監督がSF小説の名作「砂の惑星」を再映画化!

2007年12月25日 12:00

[映画.com ニュース] SF作家フランク・ハーバートのヒューゴー賞&ネビュラ賞ダブル受賞の名作SF小説「デューン 砂の惑星」が、「キングダム/見えざる敵」「プライド/栄光への絆」の監督ピーター・バーグによって再映画化されるそうだ。バーグ監督が、米MTVのインタビューに「米脚本家組合(WGA)のストライキがなければ、今頃プロダクションの真っ最中だった」と発言した。

原作小説は、砂に覆われ巨大な砂虫(サンドワーム)が支配する砂の惑星アラキス、通称デューンを舞台に、宇宙を支配する力を持つ“メランジ”と呼ばれるスパイスをめぐる争いと、救世主一族の革命を軸に描く一大叙事詩。この砂虫は、「風の谷のナウシカ」の“王蟲(オーム)”や「トレマーズ」の“グラボイズ”の原型として有名だ。65年の出版以来、幾度となく映画化が企画されたが挫折を繰り返し、84年にデビッド・リンチ監督がようやくカイル・マクラクラン主演で初めて映画化した(「砂の惑星」)。また、00年と03年に「デューン 砂の惑星I&II」の2本のTV映画も制作されている。

「(原作)小説の大ファンだ」と言うバーグ監督によると、脚色はまだされていないが、WGAストライキが解決するのを待って、脚本家候補者はリストアップしてあるそうだ。また、「リンチ監督の大ファンだ」とも公言している同監督は、リンチ版「砂の惑星」の解釈を踏まえた上で、前作のスケールをも上回るリメイクを目論んでいるという。

一方で、バーグ監督は「デューン」の前に、トム・クルーズがCIAエージェントを主演する「エドウィン・ソルト(Edwin A. Salt)」というアクションスリラーを監督することも同サイトに認めた。「観客は、トムが演じる“素晴らしいキャラクター”が善玉か悪玉か、解き明かそうとするだろうね。彼が求めているのはたった一つのことだが、最後の最後まで我々はハラハラするだろう」。バーグによれば、クルーズともすでに会って、「我々は話し合いをしている」とのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi