アカデミー賞が大ピンチ!?米脚本家組合スト続行の場合、出席者ゼロに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月21日 > アカデミー賞が大ピンチ!?米脚本家組合スト続行の場合、出席者ゼロに!
メニュー

アカデミー賞が大ピンチ!?米脚本家組合スト続行の場合、出席者ゼロに!

2007年12月21日 12:00

[映画.com ニュース] ノミネートが発表されたばかりのゴールデン・グローブ賞だが、来年1月13日に行われる授賞式に出席するスターが誰もいないという事態になりそうだ。

現在、ストライキを行っている米脚本家組合(WGA)は、ゴールデン・グローブ賞および2月24日に行われるアカデミー賞授賞式を免除しないことを正式表明した。

アカデミー賞授賞式をはじめ、TVで放映される授賞式は全て構成作家が用意した台本に沿って進行することで知られるが、WGAが授賞式のボイコットを表明したことにより、ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞の授賞式は、構成作家なしで制作されることになる。

さらに、WGAが授賞式ボイコットを表明したことにより、WGAのストライキを支持している米俳優組合(SAG)所属の俳優も出席を見合わせる公算が高くなり、もしストライキが継続していた場合、ゴールデン・グローブ賞およびアカデミー賞には俳優の出席者がゼロになる可能性が高くなった。

なお、WGAは、米俳優組合が主催するSAGアワードのみボイコットを解除し、構成作家の台本執筆を認可している。

すでに、ゴールデン・グローブ賞候補になった「グレイズ・アナトミー」のキャサリン・ハイグルらがスト続行の場合、授賞式に出席しないことを宣言している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi