カンヌも愛したヒューマンドラマ「迷子の警察音楽隊」主演俳優に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月21日 > カンヌも愛したヒューマンドラマ「迷子の警察音楽隊」主演俳優に聞く
メニュー

カンヌも愛したヒューマンドラマ「迷子の警察音楽隊」主演俳優に聞く

2007年12月21日 12:00

昨年のグランプリ作 「リトル・ミス・サンシャイン」に 負けない高評価「迷子の警察音楽隊」

昨年のグランプリ作
「リトル・ミス・サンシャイン」に
負けない高評価
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月に六本木と渋谷で行われた第20回東京国際映画祭で、最高賞にあたる東京サクラグランプリに輝いたイスラエル・フランス合作のヒューマンドラマ「迷子の警察音楽隊」が、間もなく公開される。映画祭での上映の際に来日した主演のイスラエル人俳優サッソン・ガーベイに話を聞いた。

文化交流のためにイスラエルに招かれたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊は、なぜか空港に出迎えがなかったために自力で目的地を目指す。ところが行き先を間違えてホテルすらない辺境の町に迷い込んでしまい、町の食堂の美しい女主人の提案で地元民の家に一泊させてもらうが――。

本作は東京国際映画祭グランプリのほかにも、カンヌ映画祭「ある視点」部門でも国際批評家連盟賞、ジュネス賞、本作のために特別に設けられた“一目惚れ賞”の3冠を受賞している。

劇中で、深い悲しみと寂しさを秘めた寡黙な音楽隊のリーダー、トゥフィークを演じたガーベイも、「脚本をもらう前に読んだ2ページほどのシノプシス(あらすじ)を読んだ時から、トゥフィークという人物がどんなキャラクターか、感覚的に分かっていた」と主人公に“一目惚れ”していたことを明かし、「へき地ともいえる田舎が舞台のこの映画は、モダンライフに付き物の多忙さはなく、シンプルに暮らしている人々の話なので、そういう部分も楽しんでもらいたい」と見どころをアピールした。

映画では、エジプトとイスラエルという言葉や国境、宗教を越えた2つの国の人々の交流をコミカルに描いているが、歴史的に見ると両国の関係は決して穏やかなものではなく、さらにイスラエルは現在も解決の目途が立たないパレスチナ問題を抱えている。「皮肉なことに、周りで紛争や軋轢が起こると俳優の仕事は増えるんだ。アラブ軍のリーダー役や、テロリスト役をオファーされたりね」と、悪化する情勢に反比例して活気付くショービジネスを苦笑するガーベイは、シルベスター・スタローン主演の「ランボー3/怒りのアフガン」の中で、ロシア軍に対抗してランボーと共に戦うアフガンの戦士に扮している。本作の内容と関連はないが、併せてチェックしてみては。

迷子の警察音楽隊」は12月22日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi