ジョン・ラセターも関わったディズニー・アニメ最新作「ルイスと未来泥棒」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月19日 > ジョン・ラセターも関わったディズニー・アニメ最新作「ルイスと未来泥棒」
メニュー

ジョン・ラセターも関わったディズニー・アニメ最新作「ルイスと未来泥棒」

2007年12月19日 12:00

ウォルトの夢は大きかった「ルイスと未来泥棒」

ウォルトの夢は大きかった
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーが初の長編アニメーション「白雪姫」を完成させ、全米公開したのが1937年12月21日。それからちょうど70年目の節目に当たる今年の12月22日、ディズニー・アニメの最新作「ルイスと未来泥棒」が日本公開される。本作は、発明好きな孤児の少年ルイスがタイムマシンで未来世界を訪れ、数々の困難を越えて自身の“家族”を見つけるまでを描いた物語。ディズニー・アニメ史上初の“未来”を描いた作品であり、ピクサーのジョン・ラセターが、ディズニーのクリエイティブ部門を統括するチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)に就いてから、初めての長編アニメだ。

本作のプロデューサーを務めるドロシー・マッキムに話を聞くと、ラセターがCCOとして製作総指揮を執ったことで「作品にも良い影響が出た」と語ってくれた。「ジョンは私たちに、映画製作に対する大変な情熱や知識をもたらしてくれました。映画製作を本当に知る人がディズニー・アニメのトップの座に就いたのは、実はウォルト・ディズニー以来なんです」

ラセターは製作が進んでいた本作についても、さまざまなアイデアや意見を提供。「エンディングも当初のものから変更になりましたが、とてもエモーショナルで、素晴らしいエンディングになったと思います」

本作には「夢を見ることで、それは実現できる」「常に前を向いて進もう」というメッセージが込められているが、ドロシーは、それこそが「ウォルト・ディズニーの精神」であり「私たちの原点」と語る。

「ウォルト・ディズニーは、常に子供の視線で未来を思い描いていました。本作はまさに子供の目線で未来を描いていますし、主人公ルイスは“未来を作る”という点で、ウォルト・ディズニーにも共通してます。昨今、さまざまなアニメーションが生み出されていますが、私たちが他スタジオの作品との違いを出すために必要なことは、(ウォルトの)“原点を忘れるな”ということなのです」

かつての黄金期に比べ、ここ数年は低迷している感は否めないディズニー・アニメだが、「彼こそが現代のウォルト・ディズニー」とドロシーが評するジョン・ラセター指揮の下、再び黄金期を築くことができるか。「ルイスと未来泥棒」が、その新たな出発点となるか注目だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi