築地市場で初の映画会見。大沢たかお主演「築地魚河岸三代目」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月13日 > 築地市場で初の映画会見。大沢たかお主演「築地魚河岸三代目」
メニュー

築地市場で初の映画会見。大沢たかお主演「築地魚河岸三代目」

2007年12月13日 12:00

松竹は「釣りバカ」級のヒットを目論む「築地魚河岸三代目」

松竹は「釣りバカ」級のヒットを目論む
(C)「築地魚河岸三代目」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 00年にビッグコミック誌(小学館刊)で連載開始以来、単行本も280万部を超えるベストセラーになっている同名人気コミックを映画化した「築地魚河岸三代目」の製作記者会見が、12月12日、東京・築地の築地市場内にて行われ、主演の大沢たかお田中麗奈森口瑤子伊東四朗松原信吾監督が出席した。築地市場内での映画の記者会見は史上初のことだという。

本作はエリート商社を退職し、恋人の実家の家業である築地魚河岸の仲卸の世界に飛び込んだ青年の奮闘記。主役・赤木旬太郎役の大沢は「2、3年前から出演の話は頂いていました。祖父と祖母、そして親戚がここ(築地市場)で働いていたので、出演できてとても嬉しい。ここでは、ぶつかり合い、怒鳴り合いは日常のことで、人間は本来、ぶつかり合いながら生きる生き物だということを痛感した。今まで若い世代に向けての作品が多かった自分の(出演作の)中では珍しい作品。幅広い世代に見てもらえれば」とアピールした。

また、旬太郎の恋人の明日香に扮した田中が、撮影中のエピソードを聞かれ「撮影で使ったお魚を家に持って帰ることができました(笑)。どれも本当に美味しくて、感動しました」と明かすと、それを聞いた伊東は憮然としながら「私の撮影の時は(魚河岸が休業日のため)、魚がありませんでした。その代わりに柄本明とプールで格闘したりで、いい思い出は全くありません」と恨み節をぶちまけていた。

メガホンをとった松原監督は、本作について「当初、30代の男の“遅れてきた青春映画”を撮ろうと思っていたが、シナリオハンティングを重ねていくうちに、この映画の主人公と同じように築地の魅力に惹かれ、CGを使って昭和30年代をわざわざ再現しなくても、ここには郷愁を誘うようなものがあると思った。青春ドラマと昔ながらの人間ドラマが融合できたと思う」と振り返っていた。

築地魚河岸三代目」は10月31日にクランクアップし、来年1月完成予定。08年6月上旬全国ロードショーとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi