竹内結子、阿部寛、“このミス”大賞「チーム・バチスタの栄光」に太鼓判! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月13日 > 竹内結子、阿部寛、“このミス”大賞「チーム・バチスタの栄光」に太鼓判!
メニュー

竹内結子、阿部寛、“このミス”大賞「チーム・バチスタの栄光」に太鼓判!

2007年12月13日 12:00

竹内主演作、久々のヒット作となるか?「チーム・バチスタの栄光」

竹内主演作、久々のヒット作となるか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の同名小説を映画化した「チーム・バチスタの栄光」。12月12日、東京・成城の東宝スタジオにてクランクアップ報告会見が行われ、原作者の海堂ほか、主演の竹内結子阿部寛吉川晃司池内博之玉山鉄二田口浩正田中直樹(ココリコ)、佐野史郎中村義洋監督が挨拶した。

本作は、心臓外科手術の中でも非常に難易度が高いとされる“バチスタ手術”において、34連勝という輝かしい実績を誇りながら、3例続けて原因不明の術中死に遭遇する東城大学付属病院の“チーム・バチスタ”を描く、コミカルかつリアルな謎解きミステリー。事故か殺人かと疑惑が深まる中、同病院の心療内科医・田口公子(竹内)と厚生労働省の破天荒なキレモノ役人・白鳥圭輔(阿部)が原因究明に乗り出す。

原作では中年男性の設定だった田口を演じた竹内は、「原作とは年齢も性別も違うので、現場で監督と相談しながら(役柄を)作っていきました。ぜひ私たちと共に謎解きにお付き合いください」と挨拶。阿部は本作について「究極の医療ミステリー」と太鼓判を押したほか、中村監督は「(原作の)ミステリーはもちろん、キャラクターにも惹かれたので、キャスティングに力を入れた。どのジャンルにも入らないものが出来たと思う」と、それぞれ自信のほどを語った。

また、バチスタの天才医師を演じた吉川が「専門用語が難しくて、噛まないように頑張った」と語り、リアルな医療現場を再現するために相当の苦闘があったことをうかがわせると、医師役の1人を演じた佐野も「現場がとても楽しかったので、オールアップ(全シーン撮影終了)では珍しくウルッと来た。今日またみんなに会えて嬉しい」と撮影を振り返った。そんな本作に、海堂は「原作者というより、一映画ファンとして楽しみたい」と作品の完成に期待を寄せていた。

チーム・バチスタの栄光」は08年2月9日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi