名作「市民ケーン」の脚本がサザビーズの競売にて10万ドルで落札! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月13日 > 名作「市民ケーン」の脚本がサザビーズの競売にて10万ドルで落札!
メニュー

名作「市民ケーン」の脚本がサザビーズの競売にて10万ドルで落札!

2007年12月13日 12:00

[映画.com ニュース] 映画史上最高の名作とも讃えられるオーソン・ウェルズ監督・主演作「市民ケーン」(41)で、ウェルズが実際に使った撮影台本が、12月11日にニューヨークのサザビーズの競売にかけられ、9万7000ドル(約1083万円)で落札された。売り手の予想をはるかに下回る低価格だったという。

この156ページの脚本は、撮影台本になる前の最終改訂版で、電話で競売に参加した匿名の人間に9万7000ドルで落札された。落札予想価格は8万ドル~12万ドルだった。1940年頃のガリ版刷りの手書き原稿で、表紙には「第2改訂最終版(second revised final)」というスタンプが押され、ピンクのクレヨンで丸囲みされた「Mr.ウェルズ」という手書き文字があり、各ページにはビッシリと注釈や修正点や削除する部分が記されていた。

サザビーズ・オークションハウスではこれを受け、同日に競売にかけられた、アカデミー脚本賞を受賞した「市民ケーン」のオスカー像の落札価格など詳しい情報を急遽公開しないことにしたようだ。このオスカーは同作のたった1つだけ存在するトロフィー(作品・監督・脚本・主演男優賞などにノミネートされたが、受賞は脚本賞のみ)で、ウェルズ自身が手放したことにより長年行方不明だったが、94年にロサンゼルスにある慈善団体ダックス基金が手に入れ、今回チャリティ目的で競売にかけられた物。こちらの落札予想価格は80万ドル~120万ドルだった。

市民ケーン」は新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストの半生をモデルに、ウェルズ本人がマスコミの寵児を熱演した映画史上屈指の名作。98年と07年の2度にわたってアメリカ映画協会(AFI)が発表した「オールタイムトップ100」の第1位に輝いている。

なお、アカデミー映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は、基本的にオスカー像の売買を禁止しているが、今回の競売に関して何もコメントしていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi