P・T・アンダーソン監督作が4冠!LA映画批評家協会賞発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月11日 > P・T・アンダーソン監督作が4冠!LA映画批評家協会賞発表
メニュー

P・T・アンダーソン監督作が4冠!LA映画批評家協会賞発表

2007年12月11日 12:00

P・T・Aの新たな傑作!「There Will Be Blood」「4ヶ月、3週と2日」

P・T・Aの新たな傑作!「There Will Be Blood」
(C)2007 by PARAMOUNT VANTAGE,
a Division of PARAMOUNT PICTURES
and MIRAMAX FILM CORP. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカーレースの第2弾となる、第33回ロサンゼルス映画批評家協会(LAFCA)賞が12月9日発表された。

マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が、アプトン・シンクレアの小説を映画化した「There Will Be Blood」(11月21日全米公開/08年GW日本公開予定)が、作品・監督・主演男優(ダニエル・デイ=ルイス)・美術賞の最多4冠に輝いた。同作は1920年代の南カリフォルニアを舞台にした石油試掘者の物語で、ジェームス・ディーン主演の「ジャイアンツ」(56)を思わせる内容。 オーソン・ウェルズの名作にたとえ、“21世紀の「市民ケーン」(41)”と激賞する批評家も現れるほどだ。

同賞は全部門で次点が選ばれているが、作品・監督賞で次点になったのは、今年のカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したジュリアン・シュナーベル監督の「潜水服は蝶の夢を見る」だった。「There Will Be Blood」は上記4冠のほか、脚本・音楽・撮影賞の3部門で次点になっている。

また、カンヌ受賞作は批評家受けがいいようで、クリスティアン・ムンジウ監督の今年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「4ヶ月、3週と2日」(ルーマニア)が助演男優・外国語映画賞を受賞した。

なお、授賞式は08年1月12日にロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルで行われる。主要部門の受賞リストは以下の通り。

▽作品賞:「There Will Be Blood」
▽監督賞:ポール・トーマス・アンダーソン(「There Will Be Blood」)
▽主演女優賞:マリオン・コティアール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)
▽主演男優賞:ダニエル・デイ=ルイス(「There Will Be Blood」)
▽脚本賞:タマラ・ジェンキンス(「The Savages」)
▽助演女優賞:エイミー・ライアン(「Gone Baby Gone」&「Before the Devil Knows You're Dead」)
▽助演男優賞:ブラド・イバノフ(「4ヶ月、3週と2日」)
▽外国語映画賞:「4ヶ月、3週と2日」(ルーマニア)
▽長編アニメーション賞(同点):「レミーのおいしいレストラン」「ペルセポリス
▽音楽賞:グレン・ハンサードマルケタ・イルグロバ(「ONCE ダブリンの街角で」)
▽名誉賞:シドニー・ルメット

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi