オノ・ヨーコ舞台挨拶「これがジョンの本当の姿」と「PEACE BED」を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月10日 > オノ・ヨーコ舞台挨拶「これがジョンの本当の姿」と「PEACE BED」を絶賛
メニュー

オノ・ヨーコ舞台挨拶「これがジョンの本当の姿」と「PEACE BED」を絶賛

2007年12月10日 12:00

ジョンの魂は生きている!「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」

ジョンの魂は生きている!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故ジョン・レノンの妻だったオノ・ヨーコが12月9日、ジョンの27回目の命日(12月8日)に公開された映画「PEACE BED/アメリカVSジョン・レノン」の東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に登場した。

同作は、泥沼化していたベトナム戦争に対して音楽を通じて抗議活動をした反戦運動家ジョン・レノンと、彼を要注意人物とした時のニクソン政権との戦いの顛末を綴った迫真のドキュメンタリー映画。

劇中で合唱される名曲「平和を我等に」を、詰めかけた観客全員で合唱して迎え入れるとヨーコさんは大感激の様子で、前夜に日本武道館で行われた「ジョン・レノン・スーパーライブ」のステージパフォーマンスのようにピースサインを掲げて軽やかにステップを踏んだ。

まずは第一声で「これが本当のジョンの姿なんですよ。彼は正義ではないことが大嫌い。それで世界平和のためにガーッとやったでしょ? だから命を縮めたのね」と語ると、「この映画を作る時にいろんな有名な方に会いに行ったんですよ。そしたら、みんな、私たちを影で応援していたんですってね。ジョンと私は自分たちだけが行動していると思って心細かったのね。あの当時、一人でも応援してるってメッセージがいただけたら、随分違ったんじゃないかな」と当時の心境を吐露した。

映画の内容についても「映画の出来上がりを見て、泣いちゃった。ここに登場したのは氷山の一角。いろんなことが思い出されたの。2人が愛し合った時や一緒に笑っていた時をね。2人とも無邪気だったから、あんな“PEACE BED”なんてパフォーマンスが思い浮かんだりしてね。当時は2人ともステキなことをやっていると思っていたのよ」と語って時折声を詰まらせた。

“ジョンの魂”を受け継いで世界平和を訴えるヨーコさんは最後に、会場の全員が掲げた「WAR IS OVER!」のプラカードの前でピースサインをかざして挨拶をしめくくった。

なお、その後バックステージでヨーコさんは、久しぶりの東京について「美しい都市だと思った。私は東京が焼け野原だった頃を見ているの。ここまで復興させる日本人のパワーはすごい」と平和を実感し、「念力で世界を(戦争のない世界に)変えてください。空と海で国同士はつながっているんですから」と平和を訴えた。また、「今でも(ジョンと)2人でやっていると思ってる。昨夜のライブだって今日だって、ジョンはどこかで見ていたはずだわ」と2人の愛の深さを語った。

PEACE BED/アメリカVSジョン・レノン」は現在全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi