アン・リー監督作「ラスト、コーション」、台湾金馬奨7部門制覇! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月10日 > アン・リー監督作「ラスト、コーション」、台湾金馬奨7部門制覇!
メニュー

アン・リー監督作「ラスト、コーション」、台湾金馬奨7部門制覇!

2007年12月10日 12:00

ベネチア映画祭に続き、母国のアカデミー賞も!「ラスト、コーション」

ベネチア映画祭に続き、母国のアカデミー賞も!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中国・台湾・香港など中国語圏の映画を表彰する伝統ある映画賞で、“台湾アカデミー賞”とも呼ばれる第44回台湾金馬奨の授賞式が12月8日、台北で行われた。今年のベネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞した、アン・リー監督の台湾映画「ラスト、コーション」が、作品・監督・主演男優(トニー・レオン)・新人(タン・ウェイ)を含む最多の7部門を受賞した。

今年の金馬奨では、中国本土で大ヒットした2本の中国映画「トゥヤーの結婚」と「Blind Mountain」が、一度ノミネートされながら中国政府の意向で取り消され、物議を醸していた。

93年の「ウェディング・バンケット」、00年の「グリーン・デスティニー」に続く金馬奨受賞となったリー監督は、「私の思想や(映画の)スタイルの原点は全て台湾にある。映画を通して台湾を表現していきたい」と受賞の喜びを述べた。

同作は、第2次世界大戦中・日本占領下の香港と上海を舞台に、抗日運動に身を投じる中国人の女スパイ(タン・ウェイ)が、日本の傀儡政府の特務機関の中国人顔役(トニー・レオン)を暗殺する使命を受けるというショッキングな内容で、過激なセックス描写(中国本土ではカットされて上映)が国際的に話題を呼んでいる。

悲しき女スパイを演じたタン・ウェイが新人賞を受賞。彼女と激しいセックスシーンを演じたトニー・レオンが主演男優賞に輝いたほか、レオンの妻を演じたジョアン・チェンがオーストラリア映画「The Home Song Stories」での中国人移民役で主演女優賞に輝いた。

なお、同作は国際色豊かなスタッフが揃ったため、今年度米アカデミー外国語映画賞の受賞資格はなくなったが、全米のオスカーレース前哨戦の各映画賞でもさまざまな部門でノミネートされており、本番での受賞も期待されている。第44回台湾金馬奨の主要部門の結果は以下の通り。

作品賞/「ラスト、コーション
監督賞/アン・リー(「ラスト、コーション」)
主演男優賞/トニー・レオン(「ラスト、コーション」)
主演女優賞/ジョアン・チェン(「The Home Song Stories」)
助演男優賞/レオン・カーファイ(「The Drummer」)
助演女優賞/ファン・ビンビン(「The Matrimony」)
新人賞/タン・ウェイ(「ラスト、コーション」)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi