ジョニー・デップに英ラム酒メーカー感謝?「パイレーツ」影響で消費量激増 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月4日 > ジョニー・デップに英ラム酒メーカー感謝?「パイレーツ」影響で消費量激増
メニュー

ジョニー・デップに英ラム酒メーカー感謝?「パイレーツ」影響で消費量激増

2007年12月4日 12:00

ラム酒メーカーは 「ホー、ホー、ホー!」

ラム酒メーカーは
「ホー、ホー、ホー!」
(C)Disney Enterprises, Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ船長は、カリブの海賊が好んだサトウキビが原料のラム酒が大好物だ。

英サンデー・ミラー紙によると、この映画の大ブームのおかげで、英国ではラム酒が飛ぶように売れ、バーでもモヒート、ピニャコラーダ、マイタイ、キューバリブレといったラムベースのカクテルが好んで飲まれ、ダークラムの消費量は前年比31%増という驚くべき数字を叩き出した。

英スーパーチェーン、テスコ(Tesco)の営業担当者は「ラムの需要がピークだったのは、みんなでキューバリブレ(“キューバの自由”という意味のラムとコーラのカクテル)を飲んだ60年代のこと。今飛ぶように売れているのは、疑いようがなく『パイレーツ・オブ・カリビアン』のおかげで、あの冒険活劇を映画館で見た人たちが、夜にラムパンチなどを飲みながら海賊パーティを楽しんでいる」と語っている。

パーティ好きのウィリアム王子とハリー王子も、ロンドン・メイフェアにあるナイトクラブ“マヒキ(Mahiki)”で、ラム、ブランデー、ピーチリキュール、シャンパンをミックスしたトレジャーチェスト(“宝箱”という意味)というカクテルをよく飲んでいるとのこと。

無色透明なホワイトラムよりも褐色がかったゴールデンラムは、カクテルとの相性も抜群で、テスコ社では昨年に比べ、売上が65%も伸びているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi