ディカプリオ&スコセッシ監督の新作にマーク・ラファロが出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月29日 > ディカプリオ&スコセッシ監督の新作にマーク・ラファロが出演!
メニュー

ディカプリオ&スコセッシ監督の新作にマーク・ラファロが出演!

2007年11月29日 12:00

[映画.com ニュース] レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の4度目のコラボ作品となる、デニス・ルヘイン原作のスリラー映画「シャッター・アイランド」の共演者が決定した。

米ハリウッド・レポーター紙によると、デビッド・フィンチャー監督の「ゾディアック」でサンフランシスコ警察の刑事を好演したマーク・ラファロが、ディカプリオ演じる主人公の相棒の連邦保安官役を演じることに決まったようだ。

同作は、1954年、ボストン沖の孤島に建つ犯罪者のための精神病院で1人の女性が行方不明になり、その捜査のため派遣された米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)と相棒のチャック・オール(ラファロ)が、嵐によって4日間も外界から閉ざされたその病棟の中で惨劇の謎を解くというスリラー。

原作者ルヘインは、ショーン・ペンティム・ロビンスにオスカーをもたらしたクリント・イーストウッド監督作「ミスティック・リバー」の原作者として有名。今秋全米公開されたベン・アフレック監督・脚本「ゴーン・ベイビー・ゴーン(Gone Baby Gone)」もあるが、今度映画化される原作小説(ハヤカワミステリ文庫刊)は03年に発表されたベストセラー小説。ロシア版SF映画「ナイト・ウォッチ」や史劇「アレキサンダー」の脚本家レータ・カログリディスが脚色を手がけた。

ラファロの出世作は、00年の「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」(ケネス・ロナーガン監督)で、その製作総指揮がスコセッシだった。ラファロの最新作は今秋全米公開されたホアキン・フェニックス共演、テリー・ジョージ監督(「ホテル・ルワンダ」)の「リザベーション・ロード(Reservation Road)」。また08年全米公開される、エイドリアン・ブロディ共演の「ブラザース・ブルーム(The Brothers Bloom)」(菊地凛子も出演)や、ジュリアン・ムーア共演でフェルナンド・メイレレス監督(「ナイロビの蜂」)がジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を映画化する「ブラインドネス(Blindness)」(伊勢谷友介木村佳乃も出演)で大役を演じている。

シャッター・アイランド」は、パラマウントとコロンビアの共同製作により08年3月よりクランクイン。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi