シネシティフェス2007が「テラビシアにかける橋」でオープニング : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月26日 > シネシティフェス2007が「テラビシアにかける橋」でオープニング
メニュー

シネシティフェス2007が「テラビシアにかける橋」でオープニング

2007年11月26日 12:00

目指せ、D・ファニングとD・ラドクリフ (左から)アンナソフィア・ロブ、ジョシュ・ハッチャーソン「テラビシアにかける橋」

目指せ、D・ファニングとD・ラドクリフ
(左から)アンナソフィア・ロブ、ジョシュ・ハッチャーソン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 11月23日、東京・新宿ミラノ1にて「東京国際シネシティフェスティバル2007」が開幕。“児童文学のノーベル賞”とも言われる国際アンデルセン賞などに輝いたキャサリン・パターソンの同名小説を、「ナルニア国物語」のウォルデン・メディアが映画化した「テラビシアにかける橋」(ガボア・クスポ監督)が同フェスティバルのオープニング作品として上映され、来日したジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブが舞台挨拶に登場した。

本作は、いじめられっ子の少年ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)が、隣に引っ越してきた個性的で活発な少女レスリー(アンナソフィア・ロブ)と親友同士になり、豊かな想像力で小川を隔てた森に「テラビシア」という想像上の国をつくるというストーリー。

先日、ファンタジー映画「シルク・ド・フリーク」の主演に抜擢されたばかりの、現在15歳のジョシュは、いじめられっ子を演じた感想を求められ、「僕も、演技を始めた小学校4年生ぐらいの時に、『映画に出てるからって偉いと思ってるのかよ』と同じようなことをされたんだ。周りの子は『嫉妬してるだけだよ』と言ってくれたけど傷ついたね。その経験をこの役に込めて反映させたんだ」と、自らの経験を明かしながらコメント。「友情以外にもいろいろと感じられる要素があるから、心をオープンにして楽しんで、持ち帰って家族と分かち合ってほしい」と観客に呼びかけた。

一方、アンナソフィアは完成した作品を見た時の感想について「撮影中は何もなかったから、CGを使った部分を見て、『こうなってるんだ!』と驚いたわ。頑張った結果を見ることができて嬉しかった」と語り、「大人たちには自分の子供の頃を思い出してほしいし、子供たちにはインスピレーションで自分なりの“テラビシア”をつくってもらえたら嬉しい」と笑顔を見せた。「テラビシアにかける橋」は08年1月26日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi