米脚本家組合のストに、大手タレントエージェンシーから仲裁案 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月21日 > 米脚本家組合のストに、大手タレントエージェンシーから仲裁案
メニュー

米脚本家組合のストに、大手タレントエージェンシーから仲裁案

2007年11月21日 12:00

[映画.com ニュース] 無期限ストライキに突入中の米脚本家組合(WGA)が、米映画テレビジョン製作者連合(AMPTP)との交渉を再開させることになった。WGAとAMPTPの共同声明によると、サンクスギビングデイ(感謝祭)の大型連休が明ける11月26日から交渉をスタートさせるという。もし実現すると、4日に決裂して以来、初めての正式交渉となる。

米ハリウッド・レポーター紙が伝えるには、この交渉は、全米最大のタレントエージェンシー、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)の共同経営者であるブライアン・ルアード氏の仲裁により実現したもので、WGAのストライキがエージェント業界にも大きな影響を与えている現実が明らかになった。しかし、交渉再開は決定したものの、WGA側はストの続行を決めており、まだまだ楽観は出来ない状況だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi