唯川恵の「肩ごしの恋人」韓国で映画化!新進女性監督が本音トーク!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月19日 > 唯川恵の「肩ごしの恋人」韓国で映画化!新進女性監督が本音トーク!?
メニュー

唯川恵の「肩ごしの恋人」韓国で映画化!新進女性監督が本音トーク!?

2007年11月19日 12:00

できれば“結婚至上主義者”になりたい? イ・オンヒ監督「肩ごしの恋人」

できれば“結婚至上主義者”になりたい?
イ・オンヒ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞を受賞しベストセラーとなった唯川恵の恋愛小説で、日本でも米倉涼子高岡早紀主演でTBS系でTVドラマ化された“カタコイ”こと「肩ごしの恋人」が韓国で映画化。メガホンをとったのは、「アメノナカノ青空」(03)で長編映画デビューを果たし、これが2作目となる33歳の女性監督イ・オンヒ。清々しい“女性応援ムービー”を撮り上げた彼女に話を聞いた。

主人公は32歳で対照的な性格の親友同士。新進女性写真家ジョンワンはドライな不倫を謳歌中の“恋愛至上主義者”。一方、実業家夫人のヒスはセレブライフを満喫する“結婚至上主義者”。男性の好みが違うからこそ、友情を育んでこられた2人だが、ヒスは夫に浮気され、ジョンワンは不倫相手に恋心が芽生えるなど、彼女たちの関係に変化が起きる。

キュートでコミカルなヒロインを演じた2人の女優の起用理由について「ジョンワン役のイ・ミヨンは、昔から憧れていた女優でしたから。ヒス役のイ・テランは韓国では軍人役をやるなど、ボーイッシュなイメージで有名です。だからこそ正反対な役をやってもらうことで、原作とは違うヒスの新しい魅力が引き出せたと思います」と監督。

原作では2人の関係性に重点が置かれていたが、「映画で描きたかったのは、各々のキャラクターそのもの。だから、ジョンワンという人間を掘り下げるため、彼女が里帰りするエピソードを新たに加えたました」。また、ラストシーンも原作と大きく変わっているが、その点については「2人がそれぞれに与えられた選択肢の中で、人生を突き進んでいくラストにしたかった」と語った。希望に満ちたラストを、劇場で確かめてほしい。

ちなみに「アメノナカノ青空」に引き続き、本作の主人公もカメラマン。この“偶然”については「“写真”はキャラクター同士の関係性を表すのに効果的なんです」とこだわりを語ってくれた。

最後に、ヒロインたちと同世代の監督に、ジョンワンとヒス、どちらのキャラクターに近いか聞いてみると、「表面的にはジョンワンですが、本音を言えばヒスみたいになりたいかな」と女性らしい一面をのぞかせた。

肩ごしの恋人」は11月23日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi