最終版「ブレードランナー ファイナル・カット」はどこが変わった? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月16日 > 最終版「ブレードランナー ファイナル・カット」はどこが変わった?
メニュー

最終版「ブレードランナー ファイナル・カット」はどこが変わった?

2007年11月16日 12:00

追加撮影も行われた!「ブレードランナー」

追加撮影も行われた!
(C) 2007 The Blade Runner Partnership.
TM & (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 82年の劇場公開から25周年を記念してリドリー・スコット監督が再編集した「ブレードランナー ファイナル・カット」が、11月17日より東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7で劇場公開される。この最終版における修正点を、今年9月にベネチア国際映画祭を訪れたDVD版プロデューサーのチャールズ・デ・ラウジリカに聞いた。

「映画の欠点も味の一つだが、明らかな映像的ミスを修正したんだ。特に、レプリカントのゾーラ(ジョアンナ・キャシディ)がガラスを突き抜けるシーンは、不自然なカツラといい、スタントマンであることは明らかだ。あまりにひどいので、ジョアンナを呼んで顔と頭を撮り直し、スタントマンの体と合成させた。また、履いているブーツもヒールの高さがまちまちなので統一した。さらに、ハリソン・フォードの息子ベンジャミンを起用し、デッカード(フォード)の口の動きが合っていない、蛇売りの男に会いに行くシーンをシンクロさせた」

「またバッティ(ルトガー・ハウアー)の最期で鳩が放たれるシーンは、これまでは雲のない青空に飛んでいくというものだったが、『ブレードランナー』らしくないと判断して削除し、デジタル処理して、酸性雨が降るダークな空へ飛び立つように変更した。こんなちょっとした調整や処理は数多い。スピナー(空飛ぶクルマ)のピアノ線を消す作業も含まれる。デッカードの頬にある傷跡もそうだ。デッカードがレオンと格闘して頬に傷を負うのだが、格闘する前から傷があるカットもあって奇妙だったので、これを削除した」

「この最終版はショットの隅々まで知り尽くしている『ブレードランナー』ファンのためのバージョンだ。彼らは『何ということだ!観客の99%はどこを変えたか分からない部分をいじっている』と思うだろう。『スター・ウォーズ・スペシャル・エディション』のようにあからさまな再編集を、ファンは望んでいないのだからね」

スコット監督作品のDVDを過去9年間プロデュースしている彼が手がけた「ブレードランナー製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション」は、この「ファイナル・カット」を含む全5バージョンのほか、3時間半のドキュメンタリー、 47分間の未公開シーン集(映像素材はDVD100枚分あったという)を特典映像として収録。12月14日にリリーズされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi