もっとも“イケてない”セレブが発表。1位に納得、2位は意外! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月16日 > もっとも“イケてない”セレブが発表。1位に納得、2位は意外!
メニュー

もっとも“イケてない”セレブが発表。1位に納得、2位は意外!

2007年11月16日 12:00

人道支援も目立ちすぎると 鼻につく「シッコ」

人道支援も目立ちすぎると
鼻につく
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画雑誌フィルム・スレット誌が、セレブリティのワーストランキング「Frigid 50」を発表した。英語で“frigid” は「ひどく寒い」という意味で、人気のある人物を形容する“hot”の反対語だ。

今年、同誌が“イケてない”セレブ第1位に選んだのは、なんとジョージ・W・ブッシュ大統領だ。マイケル・ムーア監督の「シッコ」や「華氏911」などのドキュメンタリー映画への“出演”はもちろん、「トランスフォーマー」や「アメリカン・ドリームズ」といったハリウッド映画にも彼をパロディ化したキャラクターが登場していることから、同誌は「もう、彼のバカさ加減をネタにするコメディは見飽きた」とバッサリ。

第2位には、人気ランキングの常連であるアンジェリーナ・ジョリーが選ばれた。主演作「マイティ・ハート/愛と絆」(11月23日日本公開)の全米興行成績が散々だったことに加えて、スタイリストや広報を引き連れて人道支援活動を行う姿勢は、「マザー・テレサパリス・ヒルトンを一緒くたにしたよう」と同誌編集部の怒りを買ったようだ。

そして第3位に選ばれたのは、「マイティ・ハート」同様に全米ボックスオフィスで惨敗したサスペンス映画「ナンバー23」(11月23日日本公開)に主演したジム・キャリー。「A級のコメディアンが、どうしてわざわざ凡庸なB級サスペンスに出演するのか? 何かに取り憑かれたのではないか」と酷評している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi