トム・クルーズ、ショック!最新作「大いなる陰謀」が全米で不調 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月14日 > トム・クルーズ、ショック!最新作「大いなる陰謀」が全米で不調
メニュー

トム・クルーズ、ショック!最新作「大いなる陰謀」が全米で不調

2007年11月14日 12:00

何かがおかしい…「大いなる陰謀」

何かがおかしい…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・クルーズが、11月9日に全米公開された最新出演作「大いなる陰謀」(ロバート・レッドフォード監督/08年春日本公開)のボックスオフィス成績に落胆しているという。

大いなる陰謀」の全米興行成績はオープニング3日間でわずか670万ドル(約7.5億円)で、ランキングでも第4位とパッとしなかった。政治色の強いドラマのため、これでも上々の成績だと業界関係者は分析しているが、トムはもっと大きなヒットになることを期待していたようだ。

情報筋がニュースサイトMSNBCに伝えたところによると、「トムが新たに契約したスタジオ、ユナイテッド・アーティスツ(UA)での最初の映画なので、彼はホームラン級の大ヒットを期待していた」とのこと。トムはパラマウントとの提携を解消した後、昨年、パートナーのポーラ・ワグナーとともに新生UAの経営者の1人となった。「大いなる陰謀」は、UAの第1弾作品であり、イメージ挽回を狙う復活作でもあることから、大ヒットを祈願していたらしい。

一方、UAは「製作費と宣伝費が控えめな作品なので、ブロックバスター級のヒットは必要としていません」と声明を発表。今回の「大いなる陰謀」の成績に満足していると強調した。なお、UAの第2弾は、トム主演の歴史戦争大作「ワルキューレ」(ブライアン・シンガー監督)である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi