スーザン・サランドン、「ラブリー・ボーン」の驚異の映像を語る! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月12日 > スーザン・サランドン、「ラブリー・ボーン」の驚異の映像を語る!
メニュー

スーザン・サランドン、「ラブリー・ボーン」の驚異の映像を語る!

2007年11月12日 12:00

[映画.com ニュース] ピーター・ジャクソン監督の新作「ラブリー・ボーン」に出演中のスーザン・サランドンが、同作についてMTVブログに初めて明かした。

同作は、14歳の少女スージーがレイプの果てに殺害されてしまう悲劇で、残酷な要素が多いダークなファンタジー映画だ。しかし、サランドンによると、ジャクソン監督は祖母のリン役を演じる彼女に、悲劇の息抜きになるような笑えるシーンを用意しているという。「私が演じているのは“コミックリリーフ”ね。彼女は飲んだくれで身体の節々に痛みを抱えていて、ヘビースモーカーでもある老女で、すごく痛々しい役柄なの。でも、私が他の誰かの顔へタバコの煙を吹きかけるたびに、笑えるはず」

彼女はまた、製作中のシーン全てで独特のトーンが混ざり合っていて、「ロード・オブ・ザ・リング」や「キング・コング」しか知らない映画ファンは、「ド肝を抜かれるはず」とも意味深発言。「私はそのトーンをつかみ切れていないので、正確につかもうと格闘中だわ。これはいろんな要素が盛り込まれたユニークな映画になるわよ。ピーター・ジャクソンが『乙女の祈り』でやったように、ね」

しかし、ファンタジー映画ファンのハートを鷲づかみにするような、ジャクソン監督特有のSFXは健在だという。サランドンは「天国のシークエンスの描写はこれまでの彼のどの作品よりすごいと思う。原作では味わえないステキな世界ね」と強調した。また、「天国? それはニュージーランドにある」と冗談交じりで語り、ジャクソン監督のSFX工房WETAデジタルスタジオで、映画ファンを驚嘆させる特殊効果撮影が行われていることを暗示した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi