豊川悦司「今日一番の映画」と太鼓判!「犯人に告ぐ」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月5日 > 豊川悦司「今日一番の映画」と太鼓判!「犯人に告ぐ」舞台挨拶
メニュー

豊川悦司「今日一番の映画」と太鼓判!「犯人に告ぐ」舞台挨拶

2007年11月5日 12:00

トヨエツとゴージャスな出演者 (左から)小澤征悦、石橋凌、豊川悦司、 松田美由紀、笹野高史、瀧本智行監督「犯人に告ぐ」

トヨエツとゴージャスな出演者
(左から)小澤征悦、石橋凌、豊川悦司、
松田美由紀、笹野高史、瀧本智行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 刑事がTVを使った“劇場型捜査”によって誘拐犯をあぶり出す攻防戦を描いた、05年大藪春彦賞受賞の雫井脩介(「クローズド・ノート」)の同名ベストセラー小説を原作に、豊川悦司が初の刑事役に挑んだサスペンス映画「犯人に告ぐ」。劇中の事件の発端として登場する神奈川県川崎市での先行公開を経て11月3日、新宿シネマスクエアとうきゅうで東京初日の舞台挨拶が行われ、出演の豊川悦司石橋凌小澤征悦松田美由紀笹野高史瀧本智行監督が登場した。

その日は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ほか話題作の公開日が重なったことを受け、第1回上映後に登壇した豊川が「こんな“地味”な映画をよく選んでくださいました」と切り出して観客に感謝を述べると、他の出演陣や監督もつられて次々に“地味”という言葉を口にして挨拶。豊川は「そこまで地味じゃないんですけど(笑)」と一人突っ込みを入れ、「地味だけど出演者はゴージャスでエンタテインメント性が高い。今日封切られた中で一番内容的に面白い」とPRした。

さらに豊川は、そのツヤツヤした唇について聞かれると「(リップクリームを)いつも3本持ち歩いています。役によって使い分けているんです」と話し、小澤はその豊川の仕草を「嫌な奴を演じる役作りの参考にした」と言い、場内の爆笑を誘った。また、ゴージャスだと褒められた出演陣からは、「“映画”をやってる感じ」(石橋)、「面白かった」(松田)、「豊川さんが大好きになりました」(笹野)と、撮影現場のチームワークの良さを感じさせるエピソードが続出。瀧本監督からの「何かを背負って、懸命にやってるカッコいい大人の映画」というコメントに、観客は満足げな表情を浮かべていた。「犯人に告ぐ」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi