宮沢りえが愛について意味深コメント!?「オリヲン座からの招待状」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月26日 > 宮沢りえが愛について意味深コメント!?「オリヲン座からの招待状」
メニュー

宮沢りえが愛について意味深コメント!?「オリヲン座からの招待状」

2007年10月26日 12:00

りえの愛のお相手は? (左から)原田芳雄、宮沢りえ、三枝健起監督「オリヲン座からの招待状」

りえの愛のお相手は?
(左から)原田芳雄、宮沢りえ、三枝健起監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浅田次郎のベストセラー短編集「鉄道員(ぽっぽや)」に収められた「オリヲン座からの招待状」が映画化。10月25日、第20回東京国際映画祭にて特別招待作品として上映され、東京・渋谷のBunkamuraで、主演の宮沢りえ原田芳雄三枝健起監督が舞台挨拶と記者会見を行った。

本作は、昭和30年代の京都を舞台に、亡き夫が遺した映画館「オリヲン座」を守り続ける妻トヨ(宮沢)と、先代の弟子である留吉(加瀬亮)のひたむきな姿を描いた純愛ドラマ。映画では、昭和30年代と現代、2つの時代を生きるトヨと留吉の思いが綴られる。

映画産業の衰退という時代に翻弄されながらも、映画への情熱を貫くトヨを演じた宮沢は「一つのことや人を思い続ける、人間としての持続力の素晴らしさを教えてもらった。トヨさんのように私も愛し続けられるモノや人が少しずつ増えればいいなと思う」と笑顔で挨拶。

また、現代の留吉を演じた原田は自身の役について「“映画人”という自覚がとても強い人」と語り、本作の舞台の昭和30年代を懐かしみながら「当時の映画館は地域と非常に密接した場所だった。今も日本には少しではあるけれど、オリヲン座のような“生きた映画館”が残されている。本作を見てその魅力を感じてもらえれば」と力強くアピールした。

オリヲン座からの招待状」は11月3日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi