心に染みるラブソング!「ONCE ダブリンの街角で」使うギターは日本製 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月26日 > 心に染みるラブソング!「ONCE ダブリンの街角で」使うギターは日本製
メニュー

心に染みるラブソング!「ONCE ダブリンの街角で」使うギターは日本製

2007年10月26日 12:00

ハンサードに新しいギターが贈呈!「ONCE ダブリンの街角で」

ハンサードに新しいギターが贈呈!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第20回東京国際映画祭の特別企画「シネマ・バイブレーション」にて上映されたアイルランド生まれの音楽映画「ONCE ダブリンの街角で」(ジョン・カーニー監督)。本作で主演を務め、ラブソングを歌ったグレン・ハンサードマルケタ・イルグロバが初来日を果たし、10月25日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナにてプレミアライブを行った。

本作は、寒空のダブリンを舞台に、ストリートミュージシャンの男とチェコ移民の女が、音楽を通して心を通わせていくラブストーリー。アイルランドで国民的人気を誇るロックバンド“ザ・フレイムス”のフロントマンであるハンサード(g)と、チェコの新鋭シンガーソングライターのイルグロバ(p)が書き下ろした楽曲も作品の大きな魅力となっている。日本円にして製作費1800万円という小品ながら、今年のサンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞を受賞し、全米でスマッシュヒットを記録した。

プレミアライブでは劇中に使われた3曲に加え、予定になかったバン・モリソンの名曲「イントゥ・ザ・ミスティック」まで披露。心に染みわたる2人のパフォーマンスに、満員の客席からは大きな拍手が沸いた。

演奏後には、ハンサードから「本当は僕の役をアイルランド人俳優のキリアン・マーフィが演じるはずだった」と衝撃発言。監督のカーニーは元“ザ・フレイムス”ベーシストだった縁もあり、本作への楽曲提供を依頼されていたハンサードが、マーフィ降板後演じることになったという。「実際に僕は13歳から18歳ぐらいまでストリートミュージシャンだったし、ストリートの仲間とバンドを作っていた。この男の行動は自分の経験に近かった」とも明かした。

最後に、ハンサードが劇中で使用した日本製ギター“タカミネ”から、新たなギターが贈呈されると、ハンサードは大感激。突然のプレゼントに驚きながらも「(劇中で使用している)僕のギターは18年間も使い込んだから穴が開いてしまったんだ。タカミネのサウンドは素晴らしいよ。ありがとう!」と興奮を隠さず、満面の笑みをたたえていた。

ONCE ダブリンの街角で」は11月3日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi