スティーブン・スピルバーグ監督、古巣のユニバーサル映画と復縁か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月26日 > スティーブン・スピルバーグ監督、古巣のユニバーサル映画と復縁か?
メニュー

スティーブン・スピルバーグ監督、古巣のユニバーサル映画と復縁か?

2007年10月26日 12:00

どこのスタジオに落ち着くか

どこのスタジオに落ち着くか
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、古巣のユニバーサル・ピクチャーズと新たに大型契約を結ぶのではないかとの声が高まっている。

米ユニバーサル・スタジオ内のカフェテリアで、スピルバーグ監督が、ドリームワークス・ピクチャーズのステイシー・スナイダー社長と共に、米ユニバーサル・ピクチャーズのロン・メイヤー社長、ユニバーサルの親会社NBCユニバーサルのジェフ・ザッカー社長と会食している姿が目撃されたためで、その現場を目撃したLAウィークリー紙のコラムニストは「ユニバーサルとドリームワークスとの事実上の復縁発表だ」と表している。

スピルバーグは、ドリームワークス創始者の1人であり、昨年、パラマウント・ピクチャーズによって同社が買収された際、同時にパラマウントと契約を結んでいる。しかし、パラマウント側との度重なる衝突から、来年以降の契約更改をせずに、ドリームワークスを離れるのではないかとの憶測が流れている。また、パラマウントの親会社である米メディア企業バイアコム社のフィリップ・ドーマンCEOは、スピルバーグ監督の離脱はすでに既定路線だとし、「(それによる)パラマウント、並びにバイアコムが被る経済的ダメージは皆無に等しい」とまで言い放っている。

そんな中、スピルバーグが古巣のユニバーサルと手を組むのは当然の流れと言える。スピルバーグ率いるドリームワークスとユニバーサルの関係は非常に深く、多くの作品で共同製作を手がけてきた経緯がある。05年、ドリームワークスが経営悪化から買収先を探していた時に、真っ先に手を挙げたのがユニバーサルだった(結局、NBCユニバーサルの親会社ゼネラル・エレクトリックが負債を含めた16億ドルという買収額に反対してご破算となった)。

パラマウントとドリームワークスとの関係が冷え切っている中、スピルバーグだけでなく、ドリームワークスも含めユニバーサルに買収されるという展開も考えられ、スピルバーグ周辺の今後の動向からは目が離せない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi