P・ジャクソン監督作「ラブリー・ボーン」、クランクイン前日に交代劇! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月24日 > P・ジャクソン監督作「ラブリー・ボーン」、クランクイン前日に交代劇!
メニュー

P・ジャクソン監督作「ラブリー・ボーン」、クランクイン前日に交代劇!

2007年10月24日 12:00

約9キロの体重増もムダに!「ラブリーボーン」

約9キロの体重増もムダに!
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キング・コング」(05)以来となるピーター・ジャクソン監督の新作「ラブリー・ボーン」が、10月22日に米ペンシルベニア州でついにクランクインした。だが、米バラエティ紙によると、その前日にマーク・ウォールバーグの出演が急遽決定したという。

その理由は、19日に突如ライアン・ゴスリングの降板が決まったため。そこで、M・ナイト・シャマラン監督の新作「ザ・ハプニング(The Happening)」の撮影を終えたばかりのウォールバーグが急遽代役として指名され、クランクイン前日の21日に彼が撮影台本を読んで出演に合意し、ゴスリングの代役に決まったという。その役柄は、レイプ犯に殺害される主人公の娘スージー(セルシャ・ローナン)の父親ジャック・サーモンで、レイチェル・ワイズと夫婦役を演じることになる。

ゴスリングが降板した理由については明らかにされていないが、情報筋によればジャクソン監督との「クリエイティブ面での相違」によるものだとか。ゴスリングは同作の父親役を演じるために、体重を20ポンド(約9キロ)増量するほどの意気込みを見せていた。

ちなみに、ジャクソン監督にとって、出演予定の役者がクランクイン直前に降板するのは今回で2度目。「ロード・オブ・サ・リング」の時、アラゴルン役に決まっていたスチュアート・タウンゼントが撮影の3日前に降板し、その代役としてビゴ・モーテンセンにオファーしたという経緯がある。結果的にこのキャスティングが大当たりしたため、今回の騒動もプラスに作用するかもしれない。

ちなみに、ウォールバーグは「ラブリー・ボーン」撮影直後に、ダーレン・アロノフスキー監督のボクサーの伝記映画「ザ・ファイター(The Fighter)」でブラッド・ピットと兄弟役を演じることになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi