9・11以降NYが大きく変わった理由は?「再会の街で」の監督が発言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月24日 > 9・11以降NYが大きく変わった理由は?「再会の街で」の監督が発言
メニュー

9・11以降NYが大きく変わった理由は?「再会の街で」の監督が発言

2007年10月24日 12:00

「再会の街で」マイク・バインダー監督「再会の街で」

「再会の街で」マイク・バインダー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在開催中の第20回東京国際映画祭のコンペティション出品作「再会の街で」の記者会見が、10月23日、東京・渋谷のBunkamuraで行われ、初来日となったマイク・バインダー監督が登壇した。

再会の街で」は、01年に起きた9・11同時多発テロで妻と3人の子供を失った元歯科医のチャーリー(アダム・サンドラー)と、彼の大学時代のルームメートの歯科医アラン(ドン・チードル)の心の交流を描く人間ドラマ。本作を製作するに当たって、主演のアダム・サンドラーと共に多くの生存者・遺族に取材をしたというバインダー監督は「9・11だけでなく、他の災害の被害に遭った方にも取材はしました。その取材の結果、いくつか出た話を合わせて出来たのがチャーリーというキャラクターです。私は脚本に自分の気持ちの全てを投影させたので、アダムにも実際に家族を失ったつもりで演じて欲しいと伝えました」と製作前のエピソードを明かした。

また、本作の舞台であるニューヨークの9・11以後の変化については、「私自身はデトロイト出身で、現在ロサンゼルス在住だが、ニューヨークは9・11以後大きく変わったと思う。それは、おそらくニューヨーカーが他の国や街の苦しみを理解出来るようになったからでは」と答えていた。

再会の街で」は12月全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi