ブリトニー・スピアーズ、新作アルバムで破綻した結婚生活を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月23日 > ブリトニー・スピアーズ、新作アルバムで破綻した結婚生活を暴露
メニュー

ブリトニー・スピアーズ、新作アルバムで破綻した結婚生活を暴露

2007年10月23日 12:00

パンツはくのは不快なの!

パンツはくのは不快なの!
[拡大画像]

[eiga.com 音楽ニュース] ブリトニー・スピアーズが2人の息子との面会権を取り戻したようだ。米ピープル誌によると、10月20日にカリフォルニアで、ハロウィンの飾り付けがされた白のメルセデスに2人の息子を乗せて運転するブリトニーの姿が目撃された。

ブリトニーは10月17日、元夫ケビン・フェダーラインの弁護士が担当裁判官と緊急面会した際、彼女が裁判所命令のドラッグテストを受けなかったことが問題となり、結果、2人の息子との面会を停止されていた。今回、面会権は勝ち取ったが、養育権については一時的に剥奪されており、10月26日の審問会までに命じられている育児トレーニングや、ケビンと同席でのカウンセリングを受けなければならない。

ちなみに、ブリトニーの最新アルバム「Blackout」(11月14日日本発売)の中に収録されている曲「Why Should I Be Sad」は、ケビンとの結婚生活を題材にしているとのこと。お金、車、 浮気など、ケビンの派手な浪費生活を示唆する言葉が飛び交っているらしい。

なお、ブリトニーは相変わらずノーパン姿をパパラッチされているが、一向に意に介していない。その理由は、「下着をつけるのが不快だから」だそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi