小栗旬、山田優が舞台挨拶に登場!東京国際映画祭「サーフズ・アップ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月23日 > 小栗旬、山田優が舞台挨拶に登場!東京国際映画祭「サーフズ・アップ」
メニュー

小栗旬、山田優が舞台挨拶に登場!東京国際映画祭「サーフズ・アップ」

2007年10月23日 12:00

(左から)マイク眞木、山田優、小栗旬「サーフズ・アップ」

(左から)マイク眞木、山田優、小栗旬
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リアルなCGで実写以上のハイスピード・エクストリーム映像を実現、ペンギンたちによるサーフィン・バトルを描いたCGアニメーション「サーフズ・アップ」が、10月22日、開幕3日目を迎えた東京国際映画祭に登場した。

東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、上映に先がけて行われた舞台挨拶には、日本語吹替版を担当した小栗旬山田優、マイク眞木が登壇。女性や子供が多く詰め掛けた会場が歓声に包まれた。

サーフィンの世界王者を目指す主人公、コディ役の小栗は「僕は完全な丘サーファーですが(苦笑)、波も映像もとにかくキレイなので、自分がサーフィンした気になれる」と作品をアピール。コディが恋するライフガード、ラニ役の山田も「今回を機に、本格的にサーフィンを始めたい」とコメント。そして、コディの師匠で元プロサーファーのギーク役を務めたマイク眞木は、“人生初の声優体験”を振り返り「映画で描かれているペンギンの姿は、まさに自分の普段の生活そのまま。まったく違和感がなかった。僕は本当はペンギンなんです」と、会場の笑いを誘った。

また、3人が演じたキャラクターがデザインされたサーフボードが舞台にずらりと並べられると、「欲しいなあ」(小栗)、「すごく可愛い」(山田)、「持って帰られないの?」(マイク)と、出演者たちはそろって目を輝かせた。

サーフズ・アップ」は、12月15日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi