中谷美紀が堤監督に成長した姿を披露「自虐の詩」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月23日 > 中谷美紀が堤監督に成長した姿を披露「自虐の詩」舞台挨拶
メニュー

中谷美紀が堤監督に成長した姿を披露「自虐の詩」舞台挨拶

2007年10月23日 12:00

(左から)中谷美紀、阿部寛「自虐の詩」

(左から)中谷美紀、阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 業田良家(ごうだよしいえ)の同名4コマ漫画を、人気TVドラマ「ケイゾク」「トリック」シリーズなどで知られる堤幸彦監督が映画化した「自虐の詩(うた)」。10月22日、第20回東京国際映画祭にて特別招待作品として本作が上映され、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて主演の中谷美紀阿部寛遠藤憲一、カルーセル麻紀、堤監督、主題歌を歌う安藤裕子によるイベントと舞台挨拶が行われた。

本作は、ギャグや小ネタ、CGを屈指して、不幸な生い立ちながら健気に尽くす妻・幸江(中谷)と、元ヤクザで稼ぎもせずに暴力をふるう内縁の夫・イサオ(阿部)との一風変わった愛の日々を描いたラブストーリー。本作で、鼻の脇に黒子をつけ、ノーメイクで幸江を演じた中谷は、「監督とは『ケイゾク』以来。『池袋ウエストゲートパーク』『トリック』と、名作を撮り続けている監督に、成長した姿を見せられるか不安だった」と語りながらも、「撮影したのは1年前になるが、もうこれ以上の作品は作れないかもしれないと思った」と作品の手応えを語った。

一方、パンチパーマでちゃぶ台返しが特技のイサオを演じた阿部は、「1行以上のセリフがない無口な男だが、中谷さんの愛情を感じながら演じられて幸せだった」と、撮影を振り返った。そんな本作を堤監督は「映画をご覧いただければ適材適所だとお分かりいただけるはず。阿部さんのちゃぶ台返しは完璧だった。我ながら何度も見返したくなる出来栄え」と、自信たっぷりにアピールした。

なお、イベントでは映画のキーポイントのちゃぶ台返しを登壇者全員で再現。舞台挨拶には、幸江の境遇と重なる部分があるとして、先日、亀田大毅選手と対戦したWBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助選手が花束を持って駆けつけ、会場を盛り上げた。

自虐の詩」は10月27日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi