コッポラ監督がパチーノ、デ・ニーロ、ニコルソンを非難! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月22日 > コッポラ監督がパチーノ、デ・ニーロ、ニコルソンを非難!
メニュー

コッポラ監督がパチーノ、デ・ニーロ、ニコルソンを非難!

2007年10月22日 12:00

虫の居所が悪かった?「ゴッドファーザー」

虫の居所が悪かった?
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゴッドファーザー」シリーズで名高い名匠、フランシス・フォード・コッポラ監督(68)が、米男性誌GQの最新号(11月号)のインタビューで、「アル・パチーノ、ロバート・デニーロ、ジャック・ニコルソンの3人とはもう仕事をしたくない」と、3人のオスカー俳優を痛烈に非難した。

コッポラ監督は、3人のオスカー俳優たちが裕福な生活に溺れ、演技に対する情熱を失っていると批判しているのだ。「パチーノやデ・ニーロとは彼らが若い時に出会った。あの頃の彼らは不安そうな顔をした若造だったよ。それが今や、パチーノはケチな金の亡者だ。デ・ニーロも、“ゾエトロープ”(コッポラ監督の製作会社)を模範にして帝国(デ・ニーロの製作プロ“トライベッカ”)を作り、富と権力にあぐらをかいている」と、「ゴッドファーザー」3部作を出世作とする2人にも容赦のない怒りをぶつけた。

さらに、60年代に“B級映画の帝王”ロジャー・コーマンのもとで映画修業をしたかつての仲間ニコルソンに対しても「デ・ニーロは彼に合った役があればどん欲だから役にも飛びつくだろうが、ニコルソンにはハングリーさが感じられない。金も(スタジオへの)影響力も女も手に入れてしまったからね。彼は(晩年の)マーロン・ブランドに似ているよ。もっとも、ブランドは彼よりもっと辛い時期を経験しるけどね」。さらにコッポラは、「いつも(バカ笑いして)“ジョーカー”のようだ。彼はいい“鉱脈”を見つけたようだね。彼は頭がいいから、お偉いさんやスタジオのボスたちといつもベッタリだ」と罵詈雑言モード。

「3人がもはや何をしようと、知ったことじゃない」と最後に言い放ったコッポラ監督の真意はいかに?

一方で、10月20日、第2回ローマ映画祭でコッポラ監督の10年ぶりの新作となるティム・ロス主演の戦争映画「Youth Without Youth」(12月全米公開)のワールドプレミアが現地で行われ、同監督は娘のソフィアを連れ立って現地を訪れた。記者会見で「ゴッドファーザー PART IV」について質問が飛ぶと、「『ゴッドファーザー』はこれ以上決して作らない。リメイクはエネルギーと才能の無駄遣いだからね」と答えた。

なお、批判された3人の1人、デ・ニーロが監督・出演したポリティカルスリラー「グッド・シェパード」(公開中)を製作総指揮したのは、他ならぬコッポラだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi