サム・ライミ監督が「スパイダーマン4」「ホビットの冒険」の構想を公言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月22日 > サム・ライミ監督が「スパイダーマン4」「ホビットの冒険」の構想を公言!
メニュー

サム・ライミ監督が「スパイダーマン4」「ホビットの冒険」の構想を公言!

2007年10月22日 12:00

現在「4」は 脚本家探し中!「スパイダーマン」

現在「4」は
脚本家探し中!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン」シリーズ3部作を手掛けたサム・ライミ監督が米MTV Newsに、監督候補として噂になっている「スパイダーマン4」と、J・R・R・トールキン原作の「ホビットの冒険」の進行状況について発言した。

まず「スパイダーマン4」については、最近マーベル・スタジオが、「4」のオリジナルストーリーを手掛けた脚本家デビッド・コープ(「スパイダーマン」)に代わる脚本家を探し始めたが、「まだまだプロダクションの初期段階だよ」とのことで、脚本家を探している最中のようだ。ライミ監督は先にリザードやシニスター6が登場するプランを明かしたが、現在ではマーベルと協議の上、白紙に戻したという。今までの3作品とは全く違うストーリーを撮りたいとのことで、自分では脚本に関わらず、「シリーズを新鮮なものにしてくれる、全く新しいストーリーを持った無名の新人脚本家”を探しているとのことだ。すでに数名のライターからいくつかのアイデアを聞いていて、「ピーター・パーカーの行くべきところ」について違いを楽しんでいるそうだ。

そして気になるもう1本のプロジェクト、「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエル(前章)となる「ホビットの冒険」については、一時噂になった自身の監督説は、正式発表されたものではないと否定。ライミ監督は「あれは全くピーター・ジャクソンのプロジェクトだ。彼が監督したいのなら、絶対に面白くなる」と語った。さらに「(トールキンの)原作と、ピーター・ジャクソン監督による『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の大ファンなんだ」と前任者に敬意を表明した上で、「もし(彼が)監督したくなくて、彼が製作してくれるというなら、このプロジェクトについて熱心に検討したい」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi