麻生久美子、イラン映画の主演作を引っ提げローマ映画祭登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月22日 > 麻生久美子、イラン映画の主演作を引っ提げローマ映画祭登場!
メニュー

麻生久美子、イラン映画の主演作を引っ提げローマ映画祭登場!

2007年10月22日 12:00

日本人女優代表で、ベルッチに勝負「ハーフェズ ペルシャの詩」

日本人女優代表で、ベルッチに勝負
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月18日に開幕した第2回ローマ映画祭(10月18日~27日)の2日目、コンペティション部門出品作品「ハーフェズ/ペルシャの詩」(新春、東京都写真美術館大ホールにて公開)の記者会見とフォトコールが行われ、主演女優の麻生久美子アボルファズル・ジャリリ監督らが登場した。

また同日は“ソフィア・ローレン・デイ”となり、イタリアの女優ソフィア・ローレンが同映画祭名誉賞のトロフィーを受け取った。昨年の第1回に映画祭事務局から招待を受けなかったことにおかんむりだったというローレンだが、地元イタリアの観衆の歓喜の声を受けて、ご満悦だったという。

また、アラン・コルノー監督の新作「セコンド・ウィンド(Le Deuxieme souffle)」に主演した地元イタリア出身のモニカ・ベルッチも訪れ、パパラッチのカメラの放列を浴びた。

なお、「ハーフェズ/ペルシャの詩」は開催中の第20回東京国際映画祭でもコンペティション部門に出品されており、25日の公式上映にはアボルファズル・ジャリリ監督、麻生久美子が来場する予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi