ロドリゲス監督が婚約者を主役にゴリ押し。「バーバレラ」暗礁に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月19日 > ロドリゲス監督が婚約者を主役にゴリ押し。「バーバレラ」暗礁に!
メニュー

ロドリゲス監督が婚約者を主役にゴリ押し。「バーバレラ」暗礁に!

2007年10月19日 12:00

愛と仕事は分けて考えよう「バーバレラ」

愛と仕事は分けて考えよう
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米セレブ情報誌ピープルが、「プラネット・テラー in グラインドハウス」のロバート・ロドリゲス監督と主演女優ローズ・マッゴーワン(「チャームド/魔女3姉妹」)の婚約を伝えたのは今月中旬のこと。それから2人はハリウッドのさまざまなイベントに顔を出し、マッゴーワンは薬指のダイヤの婚約指輪を見せびらかしていたが、そんな幸せいっぱいの2人に大きな危機が迫っている。

米ニューヨーク・オブザーバー紙によると、ユニバーサル・ピクチャーズが、ロドリゲス監督が着手しているSF映画「バーバレラ」のために計上していた1億ドル(約120億円)近くの予算をひとまずご破算にするという。原因は、同監督がフィアンセのマッゴーワンを主役バーバレラ役に強く推していることらしい。

68年のオリジナル版は、ジェーン・フォンダと、のちの夫ロジェ・バディム監督のカップルが手掛け、カルトな名作となった。ところが、今回の主役のキャスティングについて同紙の情報源は「関係者全員が困惑している。誰もローズを映画に出そうとは思っていないんだからね。しかし、ロバートは聞く耳を持たない。スタジオは単純に、出資に見合うだけの興行成績を上げられないと恐れているんだ」と状況を説明している。製作陣が名前を挙げているのは、マッゴーワンより格上の、ニコール・キッドマンハル・ベリージェシカ・アルバといったAリスト女優。前作のジェーン・フォンダは父が名優ヘンリー・フォンダで、ネームバリューも格段の差があり、彼女はのちに「コールガール」「帰郷」で2度オスカーを受賞している。

打開策として、ロドリゲス監督にはユニバーサルから製作費を6000万ドル(約70億円)に減らすことを打診されたらしいが、彼は他のスタジオへ持って行くと引くに引けない状態。企画が立ち消えになるとしたら、元凶はただマッゴーワンなのだという。

どうやらこの企画が実現するか否かは、プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスの胸三寸次第のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi