J・キャメロン監督の新作SF「アバター」、ニュージーランドで撮影再開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月19日 > J・キャメロン監督の新作SF「アバター」、ニュージーランドで撮影再開!
メニュー

J・キャメロン監督の新作SF「アバター」、ニュージーランドで撮影再開!

2007年10月19日 12:00

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督の新作SFアクション「アバター」(09年5月全米公開)のニュージーランド・ウェリントンでの撮影がスタートしたという。現地紙ドミニヨン・ポスト紙が伝えた。

同作は、総製作費2億ドル(約235億円)となるキャメロン監督のSFアクション映画で、エイリアンが棲む惑星で戦闘状態に巻き込まれる元海兵隊員の物語。“アバター”とはエイリアンの体の中にある人類の心という意味で、主人公はその惑星の少女と恋におち、レジスタンス兵士と一緒になって、生き抜くため戦闘に身を置くというもの。

同紙によると、10月16日、ウェリントンにおけるロケが隠密に進められ、80人の模造ライフルを持った迷彩服のスタントチームと出演陣が、一緒になって終日リハーサルを繰り返したという。男女がペアに分かれ、戦闘での叫び声や体勢なども含め、パートナーを援護射撃する方法を演習した。

なお、キャメロン監督が撮影したフィルムは全く新しい3Dプロセスが用いられ、ライブアクション(実写)と、キャメロン組によって開発された最新のバーチャルリアリティ効果があるデジタルテクノロジーがブレンドされる。“シンセスピアンズ(Synthespians)”と呼ばれる6体のコンピュータ制御された代理俳優も登場するという。

すでにロサンゼルスとハワイで撮影が済んだ部分もあるが、VFXスーパーバイザーを担当するWETAデジタルのスタジオで31日間の追加のライブアクション撮影に入る。参加する俳優は、シガニー・ウィーバージョバンニ・リビシゾーイ・サルダナミシェル・ロドリゲスら。

なお、キャメロン監督の前作「タイタニック」(97)は全世界興収歴代第1位の記録(当時で18億ドル)を持つメガヒット作で、「ベン・ハー」や「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」と並ぶアカデミー賞史上タイの11部門のオスカーに輝いている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi