リンジー・ローハン、プレイボーイ誌社長の伝記映画でバニーガール役に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月16日 > リンジー・ローハン、プレイボーイ誌社長の伝記映画でバニーガール役に?
メニュー

リンジー・ローハン、プレイボーイ誌社長の伝記映画でバニーガール役に?

2007年10月16日 12:00

ラトナー監督とは男女の仲?「ニューヨーク1997」

ラトナー監督とは男女の仲?
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米セレブ情報サイトE! Onlineによると、ドラッグ&アルコール依存症のリハビリから復帰した“お騒がせ女優”リンジー・ローハンに、ブレット・ラトナー監督が救いの手を差し出しているという。リンジーは、彼が監督する予定の米プレイボーイ誌創刊者ヒュー・ヘフナー氏の伝記映画で、バニーガール(ウサギの耳と尾を付けた水着姿のホステス)役として女優復帰するかもしれない。

同サイトに、ラトナーは「彼女はとても才能がある。“しらふ”で演じたら、プレイボーイのバニーとして彼女は最高だろうね」とコメントしている。だが、イマジン・エンタテインメントのプロデューサー、ブライアン・グレイザーが長年温めていた同企画は、ユニバーサル映画からまだ正式にゴーサインが出ておらず、先頃もラトナー監督には「ニューヨーク1997」リメイク版の話が舞い込むなど、あくまで噂の域を出ない話なのだ。

これがまことしやかに伝えられるのにはワケがあり、ハリウッドでも1、2を争うプレイボーイとして鳴らしたラトナー監督は、リンジーがオールナイトでパーティを楽しんでいた時も、プロデューサーたちからバッシングを受けていた時も、彼女と男女の仲だと噂されており、かつてイングリッド・バーグマンの家だったラトナー所有のヒルヘイブン・ ロッジで何度か一緒に過ごしている姿を目撃されている。

リンジーが演じるバニーガールがプレイメイトかは定かでないが、リハビリ前にリリースされた「I Know Who Killed Me」でのストリッパー役で受けた悪評を、ヒットメーカーのラトナー作品で払拭できるかもしれないだけに、今後の展開に注目だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi