「スター・トレック11」の“ミスター・カトー”などのキャスト決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月15日 > 「スター・トレック11」の“ミスター・カトー”などのキャスト決定!
メニュー

「スター・トレック11」の“ミスター・カトー”などのキャスト決定!

2007年10月15日 12:00

[映画.com ニュース] J・J・エイブラムス監督の「スター・トレック11」のキャスティングに続報が届いた。米バラエティ紙が「ショーン・オブ・ザ・デッド」の英国人サイモン・ペッグが“ミスター・チャーリー”に、また米ハリウッド・リポーター紙も「アメリカン・パイ」シリーズの韓国人ジョン・チョーが“ミスター・カトー”に、それぞれU.S.S.エンタープライズ号の主要メンバーにキャスティングされたと伝えた。

ペッグが演じるのはスコットランド出身の機関主任“チャーリー・スコット”。これは日本語版の役名で、オリジナル版の役名はカーク船長から“スコッティ”と呼ばれるモンゴメリー・スコットで、ジェームズ・ドゥーアンが演じていた。カーク船長、ミスター・スポック、ドクター・マッコイに次ぐ主要キャラクターだ。

一方、チョーが演じるのはアジア出身の操舵(ナビゲーター)主任“ミスター・カトー”。これも日本語版の役名で、オリジナル版の役名はヒカル・スールーで、日系人ジョージ・タケイが演じていた。

なお、アレックス・カーツマンロベルト・オーチーの今回の脚本には、タイムトラベルがプロットとして盛り込まれるという噂もあるが、依然としてストーリーは明かされていない。撮影は翌11月から来年3月までで、全米では08年のクリスマス公開。

これで、エンタープライズ号の主要メンバーで決定していないのは、先日有力候補の新進俳優クリス・パインにオファーし、返事待ち状態であるジェームズ・T・カーク船長役と、船医ドクター・マッコイ役、一時トム・クルーズ出演の噂のあった初代船長クリストファー・パイク役のみとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi