ジョージ・クルーニー監督の大統領選映画にディカプリオ主演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月15日 > ジョージ・クルーニー監督の大統領選映画にディカプリオ主演!
メニュー

ジョージ・クルーニー監督の大統領選映画にディカプリオ主演!

2007年10月15日 12:00

レオと僕は民主党支持者「グッドナイト&グッドラック」

レオと僕は民主党支持者
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドで最も精力的に政治活動をしている2大スター、ジョージ・クルーニーレオナルド・ディカプリオが、「ファラガットノース(Farragut North)」という04年の米大統領選を描くポリティカルスリラーでタッグを組むことになった。

同作は、08年秋にもブロードウェイで上演されるボー・ウィリモンの戯曲(演出はマイク・ニコルズ、主演はジェイク・ギレンホール)を映画化するもの。クルーニーにとってアメリカンフットボール・コメディ「レザーヘッズ(Leatherheads)」に続く監督第4作目となり、まだ明らかにされていないが「グッドナイト&グッドラック」同様に助演級で出演すると見られる。舞台版でギレンホールが演じる主人公をディカプリオが演じる。

ストーリーは、04年の民主党大統領予備選に立候補したハワード・ディーン(現民主党全国委員長)候補の選挙キャンペーンを、ディーン陣営の元スタッフだったウィリモンの目で追ったもの。主人公は理想に燃えた若い政治活動家で、選挙戦において情報操作の責任者を務めていく中で、政界のダーティな側面に直面していくという内容。本タイトルは、ホワイトハウスのそばにあるワシントンDCの地下鉄の駅名から取られたもので、この駅周辺は政治的な活動を行うロビイストの事務所が数多くあることで有名。ちなみに、ディカプリオは前回米大統領選で民主党ジョン・ケリー候補の支持者として、クルーニーは現民主党予備選でバラック・オバマ候補の支持者として政治活動をしている。

製作・配給はワーナー・ブラザースで、同社傘下の“アッピアン・ウェイ”のディカプリオと“スモーク・ハウス”のクルーニー&グラント・ヘスロフが共同プロデュースする。

なお、原作者ウィリモンは、原作戯曲の完成度が認められ、02年の英国のTVミニシリーズ「The Jury」(脚本はピーター・モーガン)を同じワーナーが映画化するプロジェクトで、マーク・フォースター監督(「ボンド22」)から今年10月初め、脚本家に指名されたばかり。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi