ジェイミー・フォックス、陽気に「ヨロピク」連発!「キングダム」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月15日 > ジェイミー・フォックス、陽気に「ヨロピク」連発!「キングダム」初日
メニュー

ジェイミー・フォックス、陽気に「ヨロピク」連発!「キングダム」初日

2007年10月15日 12:00

スタンダップコメディアンの芸は流石です「キングダム」

スタンダップコメディアンの芸は流石です
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日中のオスカー俳優ジェイミー・フォックスが10月12日、最新主演作「キングダム/見えざる敵」(ピーター・バーグ監督)について、都内のホテルでインタビューに答えた。

キングダム」は、サウジアラビアで起こった自爆テロで同僚を失ったFBI捜査官たちが現地に赴き、犯人逮捕に奔走する姿を描いた社会派サスペンスアクション。フォックスはFBIチームのリーダーを演じている。脚本上、米国側に偏った視点で描かれるステレオタイプな映画ではなく、サウジ側の人物の視点も積極的に取り入れられており、フォックスもその点を評価して出演を決めたという。「アメリカとサウジの関係に光を当て、中立的に描いているところが気に入ったんだ」

本作には、「復讐はさらなる復讐を呼ぶ」という現在の泥沼の世界情勢を反映させた現実的なメッセージもある。そうした現代世界に生きる表現者として「相互理解こそが何より大切」と話すフォックスは、「10年前、僕たちはもっと互いを知ろうと努力をしていたと思うけど、9・11以後それを少し止めてしまっている傾向にある。いわゆる“敵”とされている人たちを、どうやって理解出来るかというのが大切。この映画のラストでは、“我々はどうあるべきか?”と疑問を投げかけているよ」と訴えた。

また、撮影現場にはイラン、イラク、パレスチナ、サウジアラビアなど中東各国からキャストやエキストラが参加し、一丸となって映画製作に取り組んだ。その現場を体験したフォックスは「普通の人々は、普通に生活していたいだけなんだ。石油の利権に目がくらんだ一部のどん欲な人間が、全てを台無しにしているんだと思う」と熱く語ってくれた。

そして映画公開初日となった翌13日、フォックスはTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶にも登場。「コンニチハ、ヨロピク!」とおかしな日本語で挨拶したかと思えば、話題が激しいアクションシーンについて及ぶと、銃撃戦やヘリコプターの羽音、爆発音を自らの口でボイスパーカッションのようにリアルに再現。さらに、常に役になりきる演技力を褒められると「子供の頃から鏡の前で百面相のように表情を作って遊んでいた。それが役立っているんだよ」と、今度はヘンな顔を次々と作って見せて笑いを取るなど、劇中で見せるシリアスさとは180度異なる、スタンダップコメディアン出身らしい陽気なサービス精神で会場を大いに盛り上げた。

キングダム/見えざる敵」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi