ジョニー・デップ主演作「スウィーニー・トッド」予告編が登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月9日 > ジョニー・デップ主演作「スウィーニー・トッド」予告編が登場!
メニュー

ジョニー・デップ主演作「スウィーニー・トッド」予告編が登場!

2007年10月9日 12:00

切り裂き魔ぶりが見もの!「スウィーニー・トッド(1997)」

切り裂き魔ぶりが見もの!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップが、盟友ティム・バートン監督と組んだブロードウェイミュージカルの映画化作品「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(08年1月26日日本公開)の予告編が、世界で初めて公開された。

スウィーニー・トッド」は、無実の罪で島流しにされている間、妻は好色な判事にレイプされて自殺し、残された娘もその男に連れ去られた理髪師の復讐の物語。やがて“スウィーニー・トッド”と名を変えた男は、ラベット夫人のミートパイ屋の2階で理髪店を始め、訪れた客の喉をカミソリで切り裂いて殺害し、ラベット夫人に引き渡して“人肉パイ”にする、という少々猟奇趣味のある舞台版戯曲を原作にしている。

予告編では、デップ演じる主人公の切り裂き魔への変貌ぶりが見てとれ、カミソリを手にした白塗りメイクの不気味な雰囲気が印象的だ。また、バートン監督独特のビジュアルセンスも堪能できる。しかし、9月にベネチア国際映画祭でサプライズ上映された、デップとヘレナ・ボナム・カーター(ラベット夫人役)によるデュエット曲「My Friends」(「カミソリは友達、カミソリ」と歌うフレーズがある)のようなスティーブン・ソンドハイム版ミュージカルの有名曲は盛り込まれておらず、デップが歌い出すのは復讐を誓って少し口ずさむシーンの1カ所のみ。これではちょっと肩すかしか?

とは言え、ニューヨーク・ポスト紙のインタビューに、パートナーのバネッサ・パラディとの子供、8歳のリリー・ローズちゃん、5歳のジャックくんの子育てについて「治安の悪いアメリカでは何があっても子育てはしない」と発言し話題を呼んだデップが、同作の中で19世紀のロンドンをどれだけ恐怖に陥れるのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi