ジェシカ・ビールが、ワンダーウーマン役をパスしていた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月1日 > ジェシカ・ビールが、ワンダーウーマン役をパスしていた!
メニュー

ジェシカ・ビールが、ワンダーウーマン役をパスしていた!

2007年10月1日 12:00

演技派宣言は まだ続行中?「ジャスティス・リーグ」

演技派宣言は
まだ続行中?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックのスーパーヒーローが大集合するオールスター映画「ジャスティス・リーグ(Justice League of America)」は、監督が「ハッピーフィート」のジョージ・ミラーに正式決定し、現在はキャスティングの段階。紅一点のスーパーヒロイン、ワンダーウーマンを誰が演じるのか映画ファンの注目の的だったが、早くも出演オファーを断った女優が判明。米エンタテインメント・ウィークリー誌によると、「ブレイド3」「ステルス」などでアクションをたっぷりと披露しているセクシー女優ジェシカ・ビールが、製作会社ワーナー・ブラザースからのオファーを蹴ったのだという。

抜群のボディラインを持つジェシカだけに、彼女の降板は残念だが、これによりかなりのビッグネームにも、出演がオファーされたのではないかという噂が飛び交い始めた。MTV.comは9月29日に早速“ウィッシュリスト”を公表。それによると、ワンダーウーマンとしてもっとも望ましいのは「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセールとのこと。

だが、「ジャスティス・リーグ」は、スーパーマン、バットマンなど6人のヒーローが登場するだけに、予算の関係で一線級スターを揃えられないのではないかと見られていた。同様に多くのキャラクターが登場するザック・スナイダー監督の異色ヒーロー群像劇「ウォッチメン」は名より実を取った形で現在撮影中である。

一方で、ミラー監督が同胞のオーストラリア人女優ビクトリア・ヒル(ジェフリー・ライト監督版「マクベス」)を、ワンダーウーマン役としてスクリーンテストをしたという噂があるが、それについてはワーナー側から今も否定されていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi