デンゼル・ワシントンがトニー・スコット監督と4度目のタッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月26日 > デンゼル・ワシントンがトニー・スコット監督と4度目のタッグ!
メニュー

デンゼル・ワシントンがトニー・スコット監督と4度目のタッグ!

2007年9月26日 12:00

[映画.com ニュース] 「クリムゾン・タイド」「マイ・ボディガード」「デジャヴ」で3度タッグを組んだデンゼル・ワシントントニー・スコット監督が、ソニー・ピクチャーズの新作スリラー「The Taking of Pelham One Two Three」で再びコラボレートすることになった、と米エンタテインメント・ウィークリー誌が伝えた。

同作は、ジョセフ・サージェント監督のハイジャック・パニック映画の秀作「サブウェイ・パニック」(74)のリメイクで、原作はジョン・ゴーディの同名スリラー小説。ニューヨークの地下鉄をハイジャックした4人組の武装した犯人たちと鉄道公安官との、手に汗握る駆け引きが見どころとなる。ワシントンとスコット監督は、潜水艦、車、フェリーボートに次いで、サスペンスの舞台を地下鉄に選んだというわけだ。

ワシントンは、オリジナル版でウォルター・マッソーが扮した鉄道公安局警部を演じることになるという。まだ発表されていない、ロバート・ショウが演じたハイジャック犯のリーダー、マーティン・バルサム(アカデミー助演男優賞ノミネート)が演じたクシャミが印象的な犯人などクセのある役のキャスティングが楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi