「ジャスティス・リーグ」の監督にジョージ・ミラーが正式決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月25日 > 「ジャスティス・リーグ」の監督にジョージ・ミラーが正式決定!
メニュー

「ジャスティス・リーグ」の監督にジョージ・ミラーが正式決定!

2007年9月25日 12:00

[映画.com ニュース] 「ハッピーフィート」でアカデミー長編アニメーション作品賞を受賞したジョージ・ミラー監督が噂通り、スーパーマンやバットマンらがスーパーヒーローのオールスターチームを結成するワーナー・ブラザースの実写映画「ジャスティス・リーグ(Justice League of America)」の監督に正式決定した。米バラエティ紙が伝えたもので、08年の米脚本家組合のストを見越し、なるべく早く製作がスタートされる模様。公開は09年夏を目指す。

同作には、60年からDCコミックに連載されていた原作のオリジナルメンバーの、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、グリーンランタンの6名が登場する。ワーナーは、ホーラー映画「Mirrors」(07)を手掛けたキーラン&ミッシェル・マローニー夫妻(キーランは俳優ダーモット・マローニーの実弟)による脚本の完成を待っている状態だ。

ワーナー関係者によると、現在製作中の2本のフランチャイズ映画の主演俳優である、「The Dark Knight」(クリストファー・ノーラン監督、08年公開)のバットマン役のクリスチャン・ベールと、「Superman: Man of Steel」(ブライアン・シンガー監督、09年公開)のスーパーマン役のブランドン・ラウスは、残念ながら出演しない見込みだ。早速ネット上では、TVシリーズ「ヤング・スーパーマン」のトム・ウェリングがスーパーマン役で、「マクベス」(ジェフリー・ライト監督)のオージー女優ビクトリア・ヒルがワンダーウーマン役でスクリーンテストを受けた、とまことしやかな噂が出ている。

ワーナーは当初、同作をアニメーション映画として製作する予定だったが、「バットマン・ビギンズ」「スーパーマン・リターンズ」の成功を受け、ライブアクション映画にすることを決定。だが、同関係者は「キャラクターが多すぎる。(キャスティングは)とても複雑だ」と同紙に今後の見通しを語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi