ウィノナ・ライダー復活?ビリー・ボブ・ソーントンの愛人役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月25日 > ウィノナ・ライダー復活?ビリー・ボブ・ソーントンの愛人役に
メニュー

ウィノナ・ライダー復活?ビリー・ボブ・ソーントンの愛人役に

2007年9月25日 12:00

万引き事件以来、久々の大作「アメリカン・サイコ」

万引き事件以来、久々の大作
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカのジェネレーションXを代表する人気作家で、「レス・ザン・セロ」「アメリカン・サイコ」「ルールズ・オブ・アトラクション」の原作者として知られるブレット・イーストン・エリスの短編集「インフォーマーズ」(角川書店刊)の映画化企画「The Informers」に、「スキャナー・ダークリー」以来インディーズ作品への出演が続くウィノナ・ライダーと、ミッキー・ローク(「シン・シティ」)が出演することになった。

同作は、80年頃のロサンゼルスを舞台に、映画会社重役と妻、愛人、ロックスター、バイパイア、誘拐犯が、生々しい日常生活の中で魂を蝕(むしば)まれていく人々を描く7つの短編小説を原作にした群像劇(エリス本人が共同脚本)。出演陣は豪華で、既にお伝えした通り、映画会社重役の役をビリー・ボブ・ソーントン、その妻役をキム・ベイシンガー(「L.A.コンフィデンシャル」)、セクシーなロックスター役をアシュリー・オルセン、バンパイア役をブランドン・ラウス(「スーパーマン・リターンズ」)が演じる。

ウィノナが演じるのは、映画会社重役(ソーントン)と長い不倫生活の果てに捨てられるニュースキャスターの役。ジョニー・デップの元恋人とアンジェリーナ・ジョリーの元夫という、ある意味「負け組」同士のラブアフェアは呼び物になるかも。一方、ロークが演じるのは元スタジオの警備員で、子供を誘拐し、その子をカルト教団の教祖に売り渡す非情な誘拐犯の役。

監督は「戦争のはじめかた」「ケリー・ザ・ギャング」のグレゴール・ジョーダン。撮影は10月からロサンゼルスでスタートする。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi