「ここに幸あり」のオタール・イオセリアーニ監督、映画論を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月25日 > 「ここに幸あり」のオタール・イオセリアーニ監督、映画論を語る
メニュー

「ここに幸あり」のオタール・イオセリアーニ監督、映画論を語る

2007年9月25日 12:00

字幕を読もうとしないで! 「ここに幸あり」オタール・イオセリアーニ監督「ここに幸あり」

字幕を読もうとしないで!
「ここに幸あり」オタール・イオセリアーニ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「素敵な歌と舟はゆく」「月曜日に乾杯!」など知られるグルジア出身の名匠オタール・イオセリアーニ監督が来日。9月22日、新作のフランス映画「ここに幸あり」の記者会見に参加し、映画哲学を語った。

本作は、現代のフランスを舞台に、大臣を突然罷免され、仕事とお金を失って主人公バンサン(セブラン・ブランシェ)が、妻に愛想をつかされ、住む家もなくなって……やがて生まれ故郷に戻り、懐かしい友人たちと再会し、酒を飲み、歌を歌い、心やさしい女性たちに癒されていくという、ノンシャランとしたハートウォーミング・ストーリー。

「編集は自由でお金もかからないから好きだが、撮影は嫌いなんだ」と語るイオセリアーニ監督は、「映画は映像と音で成り立つ。私は映像だけで全てを分かってもらえるように編集しているから、一瞬たりとも“字幕を読もう”としないでほしい。字幕を読むということは、その間映像を見ないことになる。残念ながら、ドイツでは字幕が長くなるため吹替えで上映されたが(笑)、フランス語で撮ったものが違う言語で上映されるというのも奇妙なものだ。そこに映っているものを見て分からなかったら、それは失敗作なんだ」と自説の映画論を展開した。

さらに、主人公役に映画出演経験のない知人のブランシェを起用したことについても(監督本人も主人公の友人役で出演)、「俳優を職業としている人々は危険だ。彼らは役を演じるために個性を隠そうとし、メソッドを作り上げ、いつも同じ演技をするようになる。台所でさえも演じ続けるようになり、普通に話すことが出来なくなる。私はそういう俳優たちを何人も知っている。三船(敏郎)やジャン・ギャバンは例外で、(彼らは)三船やジャン・ギャバンという役を演じていた。もし、イザベル・アジャーニカトリーヌ・ドヌーブダニエル・オートゥイユと仕事をしたら、彼らは私の映画を壊すだろう。だから私はごく“普通の人々”と仕事をする。(シルベスター・)スタローンに演技指導するよりずっと楽だからだ」と演技論をぶった。

ここに幸あり」は晩秋、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi