今年から加わった新部門も!第20回東京国際映画祭のラインナップ発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月20日 > 今年から加わった新部門も!第20回東京国際映画祭のラインナップ発表
メニュー

今年から加わった新部門も!第20回東京国際映画祭のラインナップ発表

2007年9月20日 12:00

(左から)福田慶治(映画祭事務局長)、成島出監督、玉木宏、 大沢たかお、角川歴彦(チェアマン)、高井英幸(ユニジャパン理事長)「ミッドナイト イーグル」

(左から)福田慶治(映画祭事務局長)、成島出監督、玉木宏、
大沢たかお、角川歴彦(チェアマン)、高井英幸(ユニジャパン理事長)
(C)TIFF2007
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で20回目を迎える東京国際映画祭(TIFF)のラインナップ発表記者会見が、9月19日、六本木アカデミーヒルズ(東京・六本木)にて行われ、財団法人ユニジャパン(日本映像国際振興協会)の高井英幸理事長、角川歴彦同映画祭チェアマンの他、ゲストとしてオープニング作品に選ばれている「ミッドナイトイーグル」の大沢たかお玉木宏成島出監督が登壇した。

今年の特別招待作品は、すでに発表されている「ミッドナイトイーグル」、「シルク」(クロージング作品)、「オリヲン座からの招待状」、“レイ・ハリーハウゼン特集”に加え、ウェス・アンダーソン監督の新作「ダージリン特急」、全米大ヒットの「ザ・シンプソンズ MOVIE」、そして小泉堯史監督の「明日への遺言」など計20作品がラインナップ。そして約67カ国、668作品の中から選ばれたコンペティション部門には中井貴一製作・主演の「鳳凰/わが愛」、アダム・サンドラードン・チードル主演の「再会の街で」などの合計15本が発表された。

また、開催20周年を記念して、今年から新たに加わった新部門「ワールド・シネマ」「映画が見た東京」のラインナップも発表され、「ワールド・シネマ」部門にはスティーブ・ブシェミ監督作の他7本、「映画が見た東京」部門には、黒澤明監督の「野良犬」から、「新宿泥棒日記」(大島渚監督)、「十九歳の地図」(柳町光男監督)、「の・ようなもの」(森田芳光監督)、そして「東京画」(ビム・ベンダース監督)、「」(黒沢清監督)まで幅広いジャンルから集めた全51作が出揃った。

第20回東京国際映画祭は、六本木ヒルズとBunkamuraをメイン会場として10月20日~28日まで開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi