キャサリン・ゼタ=ジョーンズが来日!「幸せのレシピ」ジャパンプレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月19日 > キャサリン・ゼタ=ジョーンズが来日!「幸せのレシピ」ジャパンプレミア
メニュー

キャサリン・ゼタ=ジョーンズが来日!「幸せのレシピ」ジャパンプレミア

2007年9月19日 12:00

この映画で苦手な料理も克服? 「幸せのレシピ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ「幸せのレシピ」

この映画で苦手な料理も克服?
「幸せのレシピ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」をハリウッドリメイクした「幸せのレシピ」(スコット・ヒックス監督)の日本公開に先駆け、9月18日に東京・有楽町の国際フォーラムでジャパンプレミアが行われた。会場には、「レジェンド・オブ・ゾロ」以来1年8カ月ぶりの来日となった主演のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが駆けつけた。

ニューヨークの高級レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、仕事に人一倍情熱を注ぎ、全ての料理を正確に仕上げていく完璧主義者。そんな彼女の厨房に、陽気で自由奔放なニック(アーロン・エッカート)が副料理長として新たに加わることに。さらに、ケイトは9歳の姪ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになり、この2人の存在が彼女の人生を大きく変えていく。

映画の舞台である“厨房”を再現した特設会場には、劇中で見せるシェフの衣装とは打って変わってゴージャスなドレスをまとったゼタ=ジョーンズが来場し、集まった大勢の観客のサインに応じるなどファンサービスを行った。

その後行われた舞台挨拶では、「前回の来日で和食が大好きになったから、今回は食事もショッピングもすでに堪能したわ。この映画も“食事”がテーマのひとつなので、皆さんもぜひ(映画の中の)ご馳走の数々を堪能してほしい」とコメント。また、司会者から「シェフのプロフェッショナルな手さばきをどうやって習得した?」と聞かれると、「“プロフェッショナル”って言ってもらえるなんて嬉しい(笑)。普段は料理をしないので、この役を演じるのは大変だったわ。役作りのために実際にニューヨークのレストランで修行したの。そこでは料理するだけでなく、客席へ行ってお客さんに料理を振舞ったりもしたのよ」と苦労を告白した。

最後に、演じたケイトのように日々仕事を頑張っている女性に向けて、「仕事も頑張ってほしいけど、愛する人と過ごす時間も大事にしてほしい」とメッセージを送った。

幸せのレシピ」は9月29日より公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi