マドンナとブリトニー・スピアーズがテロリストの標的に!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月19日 > マドンナとブリトニー・スピアーズがテロリストの標的に!?
メニュー

マドンナとブリトニー・スピアーズがテロリストの標的に!?

2007年9月19日 12:00

娼婦じゃなくて 2児の母よ!

娼婦じゃなくて
2児の母よ!
[拡大画像]

[eiga.com 音楽ニュース] マドンナとブリトニー・スピアーズが、“悪魔のようなカルチャー”を世に広めているとして、イスラム教のテロリストから標的にされていることが分かった。

2人を狙っているのは、ガザ地区を拠点にするパレスチナのテロ組織“Popular Resistance Committees”で、彼らは同地区の銃撃・爆破事件の増加に大きく関与していると言われている。組織のスポークスマンであり、副リーダーを務めるムハマド・アブデル・アルは、9月11日に出版した本「Schmoozing With Terrorists: From Hollywood to Holy Land Jihadists Reveal their Global Plans to a Jew!」の中で、2人のポップスターを“娼婦”と表現し、「もしマドンナとブリトニー・スピアーズが、イスラムに反する悪魔のようなカルチャーをこのまま広め続けるのであれば、私が彼女たちの頭部を率先して切断し、栄誉を与えられることになるだろう」と綴っている。

一方、マドンナはこの出版の数日後、ユダヤ暦の新年を祝うため、夫で映画監督のガイ・リッチーやユダヤ教神秘主義カバラ信者らとともにイスラエルを訪問している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi