名匠G・トルナトーレ監督が新作ミステリー「題名のない子守唄」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月14日 > 名匠G・トルナトーレ監督が新作ミステリー「題名のない子守唄」を語る
メニュー

名匠G・トルナトーレ監督が新作ミステリー「題名のない子守唄」を語る

2007年9月14日 12:00

「題名のない子守唄」ジュゼッペ・トルナトーレ監督「題名のない子守唄」

「題名のない子守唄」ジュゼッペ・トルナトーレ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ニュー・シネマ・パラダイス」(89)、「海の上のピアニスト」(99)、「マレーナ」(00)で知られるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレの新作サスペンス「題名のない子守唄」が間もなく公開される。このほど、PRで来日したトルナトーレ監督に話を聞いた。

舞台は北イタリアのトリエステ。長距離バスでこの街に降り立ったウクライナ出身のイレーナ(クセニア・ラパポルト)の過去や、やって来た目的を知る者は誰一人いない。彼女は、裕福なアダケル家のメイドとなり、夫婦の4歳になる一人娘テアの子守役になるが……。

前作「マレーナ」から7年。その間、「レニングラード(Leningrad)」という新作を企画したらしいが、資金繰りに失敗したという。そこへ、「プロデューサーから短期間で作品を作れと注文を受けてね。自分で温めていた企画6本を出して、その中から選んでもらったのが『題名のない子守唄』だった」と映画誕生秘話を明かした。

物語は後半に進むにつれ、イレーナのあまりにも苛酷な過去が明らかになっていく。「イレーナと同じ経験をした女性に話を聞くことはできなかったけど、事件に関わった警察や検事に話を聞いて、“犯罪マーケット”を徹底的に調査した」と監督。その“犯罪”の実態がどんなものかは、ぜひ映画館でご確認を。

映画で描かれているテーマは、ロシア人女優ラパポルトが醸し出している“母性”だろう。「僕は昔から女性が大好きだったけど、それは全て、母から培ったものなんだ。母は強くて寛容で、僕が生きていく上での礎を築いてくれた人」と母親への想いを語る。加えて、「ある時、友人の心理学者と食事をしていると、母から電話がかかってきたんだ。僕が母と話してる様子を見ていた友人が、いきなり『君は女好きだろう?』と言うものだから、『もちろん大好きさ。でも、なぜ分かるんだ?』と聞き返すと、『君がお母さんと話してる姿を見てすぐ分かった』と言われたよ(笑)」と少し照れたようにマンマ好きであることを明かしてくれた。「題名のない子守唄」は9月15日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi